うたいびとはね

ジャンル:
うたいびとはね プロフィール画像

うたいびとはねのバイオグラフィー

唄人羽(うたいびとはね)は、安岡信一と本多哲郎によるフォークデュオ。レコード会社はフォーライフ・ミュージックエンタテインメント。

1998年、当時2人が所属していた劇団ひまわりで知り合い、同年9月に「はね」を結成、翌年3月に「うたいびとはね」に名前を変えた。 1999年12月18日、『小さな星の小さな旅人』にてデビューする。

本多哲郎はうたいびとはねでデビューする前に、劇団ひまわりとして映画『EUREKA』に出演している。しかし、EUREKAが公開する頃にはデビューしていたため、EUREKAには本多哲郎(うたいびとはね)と表記されている。

また、最近では塚本高史への楽曲提供といった、歌手としての活動以外でも活躍している。

うたばんやHEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMPに出演経験はあるが、リリース期間を大きく開けたり、テレビでの露出を一切しないスタンスに変更した。うたいびとはねファンを「はねっこ」と呼ぶ。

漢字による「唄人羽」の表記は1stアルバムのジャケットにも見られるが、定着したのはシングル『ボーイ』以降である。それまでは「うたいびとはね」もしくは「うたいびと はね」の表記が正式に使われていた。一部ジャケットではローマ字で表記されているものもある。

2007年に所属事務所であったユイアーティストを離れ、独立。現在はライブを中心とした独自の活動を行っている。

2009年に行われたツアー「10th Anniversary “S&T”」中のMCで、2010年から本多がソロ活動を行うことが発表された。なお、唄人羽の解散等についてははっきりと否定しており、あくまで「唄人羽の本多哲郎」としての活動となる。