かりゆし58

ジャンル:
かりゆし58 プロフィール画像

かりゆし58のバイオグラフィー

かりゆし58(かりゆしごじゅうはち)は日本のロックバンドである。2005年結成。

メンバーの全員が沖縄県出身・在住。「かりゆし」とは沖縄方言で「縁起がいい・めでたい」という意味で、「58」とは国道58号のことを意味する。

メンバー
* 前川真悟(まえかわ しんご、1981年7月13日 - 、沖縄県八重瀬町出身) ボーカル、ベース
* 新屋行裕(しんや ゆきひろ、1981年8月18日 - 、沖縄県糸満市出身) ギター
* 宮平直樹(みやひら なおき、1982年2月26日 - 、沖縄県出身) ギター
* 中村洋貴(なかむら ひろき、1981年8月2日 - 、沖縄県糸満市出身) ドラム
* ROCK-G(1973年7月7日 - 、宮城県気仙沼市らへん出身) マネージャー

2005年『かりゆし58』結成。沖縄音階にロック、レゲエなどのサウンドを取り入れた曲にストレートな歌詞を合わせた独自のバンドサウンドが幅広い人気を博す。

2006年2月ミニアルバム「恋人よ」でデビュー。
同年7月にシングル『アンマー』をリリース。(“アンマー”とは沖縄の方言でお母さんを意)母への感謝をストレートに歌ったこの作品が多くの人々から共感、そして話題を呼び日本有線大賞新人賞受賞。
「アンマー」を収録した2ndミニアルバム「ウージの唄」をリリースし今なおロングセラーを続けている。

2009年2月には松山ケンイチ主演の日本テレビ系ドラマ「銭ゲバ」の主題歌となったシングル 『さよなら』をリリースし初のオリコンチャートトップ10入りを果たす。

2009年4月8日には2ndフルアルバム「でーじ、かりゆし」をリリースし、全国58箇所を周るツアー「ハイサイロー ド'09 ~47都道府県58箇所巡り~」を行う。
現在も沖縄在住。沖縄で生まれ育った彼らならではの『島唄』を全国に歌い続けている。