さだまさし

ジャンル:
さだまさし プロフィール画像

さだまさしのバイオグラフィー

佐田雅志、1952年4月10日 - )は長崎県長崎市出身のシンガーソングライター、小説家。ファンとスタッフの間では「まっさん」の愛称で親しまれている。

二人組のフォークデュオ、グレープでデビュー。「精霊流し」のヒットにより全国にその名を知られるようになった。ソロになってからも「雨やどり」、「関白宣言」、「北の国から」など数々のヒット曲・有名曲を生み出してきた。その叙情的で文学的な歌詩の世界は独自のものとして定評がある。2008年3月現在、日本で最も多くのソロ・コンサートを行った歌手であり、その回数は3500回を越えている。

またトークの軽妙さはテレビ、ラジオでも、またコンサートのMCにおいてもさだの大きな魅力となっている。近年では小説家としても活動している。

國學院高等学校卒業、國學院大學法学部中退。血液型はA型。趣味はゴルフ。

弟はさだ企画社長で、元サッカー選手でもある佐田繁理。妹は、歌手の佐田玲子。息子は、2007年現在桐朋学園大学在学中のヴァイオリニスト佐田大陸。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー