ゆうゆ

ジャンル:
ゆうゆ プロフィール画像

ゆうゆのバイオグラフィー

岩井 由紀子(いわい ゆきこ、1968年5月26日 - )は、日本の元タレント(歌手・女優)。愛称は「ゆうゆ」で、1987年から1995年の間は芸名として用いていた(後述)。
神奈川県横浜市鶴見区出身。嘉悦女子高等学校卒業、嘉悦女子短期大学中退。二人姉妹の次女。身長150→151cm、体重40→38kgと、元おニャン子クラブのメンバーの中で一番小さい。

神奈川県横浜市鶴見区で生まれる。後に両親の離婚に伴い千葉県へ転居するが、本人は「自分はハマっ子だ」と主張し続けた。
1985年実姉が編集を担当していたモデルグラフィックスの誌上グラビアモデルとしてメディアデビュー。グラビアと言ってもモデルガンや各種装備を紹介するのがメインのミリタリー系だった。一度だけナウシカのコスプレを披露したこともある(この時も、ナウシカの使う長銃を紹介するページという名目)。
1985年6月21日に『夕やけニャンニャン』のオーディションで合格し、おニャン子クラブ会員番号19番として活動を始める。ファーストアルバム『KICK OFF』からジャケット写真に参加。ゆうゆの愛称で親しまれ、後に同じくおニャン子クラブ会員番号16番の高井麻巳子と共にうしろゆびさされ組を結成。
1986年7月、おニャン子クラブの5thシングル「お先に失礼」でフロントボーカルに選ばれる。その後もシングル、アルバムの多くの楽曲でフロントボーカルを担当し、中・後期のおニャン子クラブの中心的存在の一人となる。
1987年3月25日、「天使のボディーガード」でソロデビュー。高井麻巳子の卒業に伴い、4月でうしろゆびさされ組は解散。同年8月31日おニャン子クラブが解散した後、おニャン子の先輩である河合その子と同じ渡辺プロダクションに移籍。愛称のゆうゆを芸名にする。
テレビ東京『歌え!アイドルど〜む』メインMC、フジテレビ『クイズ!年の差なんて』レギュラーなど、バラエティ番組を中心とするバラドルとして活躍。ただ年齢相応のイメージが得られず、活動は徐々に尻すぼみになってゆく。雑誌『宝島』のインタビューで「スタッフからシングルの売り上げが落ちていく資料を見せられ、『どうするんだ、これから?』と激しい叱咤を繰り返された」と語っている。
1989年、ゲームメーカーのタイトーのイメージキャラクターとなる。
1995年、長らく噂になっていた中山秀征(同じ事務所に所属)との交際を認め、同時期に「大人のタレントとして活動するため」と芸名を本名の岩井由紀子に戻す。
1997年、青年実業家と結婚し、芸能界を引退。後に2児の母となる。
2002年、おニャン子クラブの再結成に参加。『HEY!HEY!HEY!』、『FNS歌謡祭2002』にも出演。
2007年、テレビ朝日『快感MAP』に電話で出演。