カエターノ・ヴェローゾ

ジャンル:
カエターノ・ヴェローゾ プロフィール画像

カエターノ・ヴェローゾのバイオグラフィー

Caetano Velosoを参照。

カエターノ・ヴェローゾ (Caetano Veloso, 1942年8月7日 - ) は、ブラジルの作曲家および歌手。

《略歴》
ヴェローゾはバイーア州サント・アマーロ・ダ・プリフィカサォンで、ジョゼ・テリス・ヴェローゾ(José Telles Veloso)とクラウディオノール・ヴィアナ・テリス・ヴェローゾ(Claudionor Vianna Telles Veloso)の7人の子供の5番目として生まれた。彼は彼のすぐ下の妹の名前を、そのとき人気のあったネルソン・ゴンサルヴェスの曲から取って付けた。それはマリア・ベターニャ (Maria Bethânia)であった。マリアは彼に先駆けて1960年代の中頃には歌手として有名になっていた。
彼は1967年に、ガル・コスタとのデュエット・アルバム「ドミンゴ(Domingo)」をリリースし、ボサノヴァ・シンガーとしてミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせた。つまり、彼のミュージシャンとしてのキャリアは、ボサノヴァ歌手として始まった。彼の初期の音楽は同じバイーア出身であるジョアン・ジルベルトやドリヴァル・カイミからの強い音楽的影響を漂わせている。特にジョアンからは音楽性だけでなく、その音楽人としての生き方に影響を受けており、ジョアン・ジルベルトの継承者とも称される。