クラムボン

ジャンル:J-Pop
クラムボン プロフィール画像

クラムボンのiTunes Store人気曲

クラムボンのバイオグラフィー

クラムボン(Clammbon)は、原田郁子、ミト、伊藤大助の3人による日本のバンド。1996年結成。1999年にワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビュー。ジャンルに捕らわれない楽曲スタイルが、コアな音楽ファンから支持され、現在まで7枚のオリジナルアルバムをリリースしている。2003年、コロムビアミュージックエンタテインメントに移籍。

俳優の竹中直人が彼らのファンで、ライブにも度々観客として姿を現している。

メンバー

* 原田郁子(はらだ いくこ、1975年10月20日 - )福岡県飯塚市出身。ボーカル、鍵盤担当。
o 詳しくは原田郁子の頁を参照のこと。
* ミト(みと、1975年5月6日 - )東京都国分寺市出身。ベース、ギター、鍵盤、口笛、その他担当。
o バンドリーダー。ソフト・マシーンやCANなどのプログレッシブ・ロックやパンク/ニューウェーブをこよなく愛する。そのためか、近年の楽曲の中にはどこかプログレッシブ・ロックを連想させる展開やパンキッシュな雰囲気をもつものが多い。最近ではSUEMITSU&THE SUEMITHのTHE SUEMITHのベーシストとしても活動している。また、その昔TM NETWORKのファンで「FANKS」であったこともラジオでカミングアウトしている(くるりの岸田 繁も同様)。両親は以前「カコとカツミ」という名前で音楽活動を行っていた(雑誌『クッキー・シーン』のインタビューにてミト本人が発言)。また、ラーメン博士の異名を持つほど、ラーメンに精通している。
* 伊藤大助(いとう だいすけ、1975年12月1日 - )北海道函館市出身。ドラム担当。
o ジャズ・ドラマーのような技巧派なドラムを叩く。ある意味、バンドにとって大黒柱的な存在である。インタビューではあまり発言しない。読書が趣味で、休みの日は公園で読書をしているらしい。


ヒストリー(バンド名義の活動)

1996年

同じ専門学校(専門学校東京コンセルヴァトアール尚美ジャズ・ポップス科(現在の専門学校東京ミュージック&メディアアーツ尚美))に通っていたメンバー3人が、授業内の演奏会でキャロル・キングの「君の友だち」を演奏するために一時的にクラムボンの原型となるバンドを結成。演奏会終了後もこのメンバーでオリジナル曲を作り始め、南青山Ojasなどでライブ活動をスタートさせる。

1997年

恵比寿みるくでのライブがプロデューサーS-Kenの目に止まり、後に発売されるS-Kenプロデュースによるコンピレーション『Soup-Up Vol.2』に「どれだけでも」、「森渡り」という2曲のオリジナル曲で参加。

1998年

2月25日、ワーナーミュージック・ジャパン内のインディーズ・レーベルマージナル・ラインよりミニアルバム『くじらむぼん』をリリース(ちなみに、このアルバムのテープをミトが青山のライブハウスで高野寛に渡した。以後、彼とは交友を続けていく事になる)。

1999年

3月25日、シングル『はなれ ばなれ』でメジャーデビュー。かつての矢野顕子を彷彿とさせる演奏スタイルやフィッシュマンズの影響がうかがえる浮遊感のあるサウンドがコアな音楽ファンの間で話題となり、全国のFM局でヘビーローテーションとなる。同年4月23日には下北沢CLUB Queにて初のワンマンライブ「Que-lammbon」を決行。7月14日には、『くじらむぼん』に収録されていた「パンと蜜をめしあがれ」を再録し、セカンド・シングルとしてリリースした。10月16日、1stアルバム『JP』リリース。同年10月24日からは、このアルバムを引っさげてのツアー「JP JumP JaPan tour」をスタート。主要都市、4ヶ所4公演を行う。アンコールにはメンバー全員が、当時の所属レコード会社WARNER MUSIC JAPANのロゴ入りトレーナー(黄色)に着替えて登場した。最終日となった渋谷公演ではミトが勢い余ってベースを破壊。また、マネージャーであるa.tがギターで参加している。

2000年

2月、JR東日本「のんびり小町」のCMに初の書きおろし曲が起用される(同ラジオCMでもオンエアされ、のちに「のんびり」として『残暑』にカップリングとして収録)。3月18日、3000枚限定のアナログ盤『苦楽無凡』をリリース。このアイテムは現在、インターネットオークションなどで高値で取引されている。4月19日には初の両A面シングル『シカゴ/246』をリリース。こちらも全国のFM局や、スペースシャワーTVなどの音楽専門チャンネルでヘビーローテーションとなる。このシングルリリース後、原田が急病のため一時活動停止となるが、同年8月9日発売のシングル『君は僕のもの/090』で活動再開。10月25日には2ndアルバム『まちわび まちさび』をリリース。その後、12月3日からは「clammbon tour 2000 まちわび まちさび」をスタート。前回のツアーで訪れることの出来なかった地方公演も含む全8ヶ所9公演を実施。

2001年

5月23日、プロデュースに亀田誠治を迎えた5枚目のシングル『サラウンド』をリリース。ストリングスを導入した心機一転のサウンドがファンを驚かせる(この曲は発表から3年後の2004年に山田優出演のボーダフォン(現ソフトバングモバイル)のCMソングとなる)。夏に短いツアー(「summer tour 2001」)を挟み、続く8月22日には6枚目のシングル『残暑』をリリース。10月11日、同じくプロデュースに亀田誠治を迎えた3rdアルバム『ドラマチック』をリリース(アルバムのマスタリング作業に立ち会ったのはミトと、ミトから連絡を受けてスタジオに駆けつけた高野寛と坂本美雨の3人)。前作にまでなかった弾けるようにポップでアバンギャルドな一面が前面に押し出された力強いサウンドとなっている。11月17日からはこのアルバムを引っさげたツアー「Dramachikers tour'01」をスタート。サポートには、原田が「キーボードの神サマ」と慕う皆川真人を迎える。過去最高の15箇所16公演を実施。この頃から様々な音楽雑誌などで「ライブで本質が見えるバンド」などと言われ始める。

2002年

春にアースデイのライブイベントに出演し、トリを勤める。4月23日、過去の楽曲をリ・アレンジしたアルバム『Re-clammbon』をリリース。ゲストに坂本美雨、TOKU、元NUMBER GIRLの田渕ひさ子などが参加。これに伴いツアーRe-clammbon Tourを実施。さらに、7月28日には彼らの夢であった日比谷野外音楽堂でのワンマンライブを実現。オープニングでは感激のあまり原田が涙ぐむ一面もあった。そして10月23日には4thアルバム『id』を発表。共同プロデュースとしてアダム・ピアースとアンディ・チェイスが参加している。この作品以降、彼らは楽曲製作及びレコーディングを小淵沢での合宿で実施するようになり、シングルのリリースも一切無くなる。

2003年

1月22日、4thアルバム『id』を引っさげたツアー「2003 id tour」をスタート。サポートメンバーに皆川真人(キーボード)、福原将宣(ギター)迎えての5人でのライブ。全6ヶ所8公演を実施。ステージには、2001年のフジロック・フェスティバルでのニール・ヤングのステージセットを手がけたキャンドルジュンによるキャンドルがディスプレイされ話題となった。また春には、8ヶ所8公演の「2003 SPRING tour」を実施。その後、レコード会社をコロムビアミュージックエンタテインメントに移籍し、7月13日には2度目の野音ワンマンを決行。大雨の中行われたこのライブは、セットリストを一切決めずに行い、約3時間もの長さになった。またこの年、初めてフジロック・フェスティバルにも出演した。同年9月には、チェコのアニメ「クルテク ~もぐらくんと森の仲間たち~」のオープニング曲に「アホイ!」、エンディング曲に「ドブロノッツ」という楽曲を提供。共に当時未発表の新曲。11月19日、5thアルバム『imagination』発表。テクノ、ジャズ、AORなど、幅広いジャンルの楽曲が並んだ意欲作となった。

2004年

2月28日、ライブツアー「imagination tour 2004」をスタート。4ヶ所4公演。携帯電話の着メロを演出の一つにするという試み(鬼サウンド)を実施。5月8日、imagination tour 04~cjammbon & clammbon」をスタート。二部構成のライヴで一部はクラムボン、二部はcjammbonという内容であった。その後、7月17日には大阪、7月19日には日比谷野外音楽堂でライブ。この年の野音ではライブ終盤に流れ星が現れ、ファン及び関係者から「奇跡のライブ」と言われる。その後も様々のサマー・フェスティバルに参加。この夏以降、メンバーはソロ活動に入ることになるが、12月19日にはリキッドルーム恵比寿にて、矢野顕子との対バンを実現させている。

2005年

3月6日、6thアルバム『てん 、』リリース。同じ作品のモノラルヴァージョンとステレオヴァージョンを2枚組でリリースするというこだわりを見せる(モノラルヴァージョンのミックスはミト、ステレオヴァージョンのミックスはROVOの益子樹)。その後、4月9日からツアー 2005 てん 、をスタート。14ヶ所17公演。9月4日には大阪城野外大音楽堂にて野外ライブ「残暑お見舞い申し上げます」を実施(ラストには真心ブラザーズの「サマーヌード」をカヴァー)。そして、11月12日には渋谷O-Eastとduo MUSIC EXCHANGEの2会場にて、初のクラムボン主催のオールナイトイベント「sound circle」を開催した(出演・toe、manual、ヤベミルク、FOSSA MAGNA、おおはた雄一、半野喜弘、cjammbon)。

2006年

5月31日、初のカバーアルバム『LOVER ALBUM』リリース。6月29日より「cover, lover and tour」を行う。続く7月12日には約5年ぶりとなるシングル「THE NEW SONG」を発売。そして11月22日には、初のライブアルバム『3 peace ~live at 百年蔵~』がリリースされた。

2007年

2月19日、新木場スタジオコーストにて行われたクラムボン主催のイベント、「sound circle」にてアメリカ・ニュージャージー州出身のロック・バンドYo La Tengoと共演を果たし、話題となる。そして5月23日にはニュー・アルバム『Musical』を発表。このアルバムを引っ提げて行われるツアー「tour Musical」のファイナルである日比谷野外音楽堂でのライブチケットは発売後3分で完売した。

クラムボンと同じジャンルのアーティスト

  • Boom Boom Satellites アーティスト写真

    Boom Boom Satellites

    ブンブンサテライツ(Boom Boom Satellites)は、中野雅之と川島道行によって結成されたビッグ・ビート(テクノ/ロック)ユニット。結成は1990年。1995年に田中フミヤ主宰とれまレコード傘下のUNTITLED RECORDS第一弾コンピレーションCDに楽曲提供し音源デビュー。 その後ベルギーのR&Sレコーズでリリースされたシングルをきっかけに、ヨーロッパの「メロディーメイカー」誌は「ケミカル・ブラザーズ、プロディジー以来の衝撃」と報じた。また、略称は「…

  • THE BACK HORN アーティスト写真

    THE BACK HORN

    THE BACK HORN(ザ・バックホーン)は日本のロックバンド。 ラウド、ハードコア、童謡、パンク、和、オルタナ、グランジ、 ブルース、レゲエ、スカ、ダブ、などのジャンルの音楽を取り入れ、 歌を生かした楽曲を製作している。 バンド名の由来は、 リーダーである松田が建設作業機器の バックホー(ショベルカーのこと)を読み間違えたことから。 角や管楽器のホーンではない。 「バックホーン」と「爆音」(ばくおん)をかけているとも言われる。 結成当初は「魚雷」という…

  • COLOR アーティスト写真

    COLOR

    * 1985 年:大阪にてDYNAMITE TOMMYが「こんなクソみたいな世界ムカつくからありとあらゆる手段で叩きつぶしてやる」ためにCOLOR結成。 * 1986 年:フリー・ウィル・レコード(現在のフリーウィル)設立。 * 1987 年:1stEP『MOLT GRAIN』リリース。XやRAPESとの交遊が深まる。11月ベースのMARRYが加入、黄金メンバーが揃う。 * 1988 年:1stアルバム『激突!!』リリース。 *…

  • 少年隊 アーティスト写真

    少年隊

    少年隊(しょうねんたい)とは、ジャニーズ事務所に所属する日本の3人組男性グループである。リーダーは錦織一清(東山は、少年隊夢という番組内のみでのリーダーだった)。 グループの愛称は「ショーネン」(発音は“笑点”のイントネーション)。 メンバー 錦織一清(にしきおり かずきよ、1965年5月22日 - )愛称は、ファンからは「ニッキ」、メンバーからは「ニシキ」。イメージカラーは赤 植草克秀(うえくさ かつひで、1966年7月24日 - )愛称は「カッちゃん」、メンバーか…

  • 林田健司 アーティスト写真

    林田健司

    林田健司 (はやしだ けんじ) 11月23日 東京生まれ 1991年、BMGビクターより「SHERRY」でデビュー 楽曲提供 SMAP「$10」「KANSHAして」「君色思い」「青いイナズマ」 Kinki Kids「ビロードの闇」「夏模様」 中森明菜「落花流水」「GAME」 ブラックビスケッツ「スタミナ」 藤井隆「SaらSa」 関ジャニ∞「イッツ マイ ソウル」 他多数アーティスト 〈活動〉 Latin Funk Band EROTICAO 東京コー…

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー