ジェームス・イハ

ジャンル:
ジェームス・イハ プロフィール画像

ジェームス・イハのバイオグラフィー

James Ihaを参照。

ジェームス・イハ(James Yoshinobu “Jonas” Iha、日本名:井葉吉伸(いは よしのぶ)、1968年3月26日 - )は、アメリカ・シカゴ出身のミュージシャンでスマッシング・パンプキンズのギタリストであったことで知られる。

《来歴》
現在はニューヨークを拠点に、ソロ活動、バンド活動(ア・パーフェクト・サークル、ティンテッド・ウィンドウズ)、音楽プロデューサー、ファッションデザイナーを行っている。またファウンテンズ・オブ・ウェインのアダム・シュレシンジャーらとのインディ・レーベル「Scratchie Records」、スタジオ「Stratosphere Sound」の経営でも知られている。
日系人の両親を持つ日系3世であるが、日本語はほとんど話せない。

《略歴》
1988年7月9日 - スマッシング・パンプキンズの一員として、初のライブを行う。以降、ギタリストとして活躍。解散までに5枚のオリジナル・アルバム含む多数の作品を発表し、いくつかの作品では作曲とボーカルも手がけた。
1998年 - 初のソロアルバム、『Let It Come Down』をリリース。
2000年 - スマッシング・パンプキンズ解散。
2001年 - ファッションブランド、『VAPOR(ヴェイパー)』を立ち上げ。生産はBEAMSがバックアップ。またCHARAに楽曲『スカート』『ボクにうつして』を提供し、プロデュースも担当。PVにも出演した。
2003年 - 春、ブランド名VAPORを『VAPORIZE』に変更。
2003年7月 - メイナード・ジェームス・キーナンによるサイドプロジェクト、ア・パーフェクト・サークルにギタリストとして加入。
2004年6月 - ア・パーフェクト・サークルが活動停止。
2005年 - 邦画「リンダリンダリンダ」の音楽を担当。その後、同映画に出演した湯川潮音の楽曲をプロデュース。
2006年 - スマッシング・パンプキンズの活動再開が正式に発表されるが、ジェームスは不参加。
2008年 - ア・パーフェクト・サークルの活動再開。
2009年2月 - 新バンドティンテッド・ウィンドウズの結成を発表。自身がギターを担当し、ハンソンのTaylor Hansonをボーカルに、ファウンテンズ・オブ・ウェインのAdam Schlesingerをベーシストに、チープトリックのBun E. Carlos をドラマーにそれぞれ迎える。
2009年4月 - ティンテッド・ウィンドウズがセルフタイトルのデビューアルバムを発表。
2010年4月 - オフィシャルサイトがリニューアル・オープン。2枚目のソロ・アルバムを制作中であることが伝えられる。
2010年8月 - ア・パーフェクト・サークルのメンバー・ギタリストとして正式に復帰。
2012年2月 - EMI ROCKS音楽フェスティバルに初の海外アーティストとして参加。
2012年3月 - 14年ぶりとなるセカンドソロアルバム『Look To The Sky』をリリース。また先行して本人監修によるデジタル・リマスタリングされボーナス・トラックを含めた『Let It Come Down』の再発も行われた。
他、パンプキンズ解散以降は多数のアーティストの作品に、演奏、作曲、リミックス、プロデュースで参加している

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー