テイク・ザット

ジャンル:
テイク・ザット プロフィール画像

テイク・ザットのバイオグラフィー

Take Thatを参照。

テイク・ザット(Take That)はイギリスのポップグループ。1990年、マンチェスターで結成される。ボーカルグループの先駆者として認知されており、後のバックストリート・ボーイズ、スパイス・ガールズ、5ive、ウエストライフなどのポップ・グループ、そしてボーイバンドの流行を作った。

《略歴》
1990年から1996年の間に2500万枚を売り上げ、1991年に初めてシングルをリリースしてから解散する1996年までの間イギリスのテレビ局、BBCでは「UK音楽史上、ビートルズ以来、最も成功したバンドで老若男女問わずに愛されている」とたびたび報じられた。ダンス・ポップ調やバラードの曲に人気があり、1990年代前半のチャートを占めていた。一人がメインで歌い(大半の楽曲のメインボーカルをゲイリー・バーロウが務めた)、他のメンバーがコーラスを担当するという、メンバーの全員が歌うスタイルをとっている。初期の楽曲はバーロウによってほとんどが作られたが、他のメンバーにも作詞作曲の能力があり、再結成後には全員で曲作りを担当している。
ロビー・ウィリアムズの脱退、マネージャーとの関係悪化により1996年に解散。メンバーはそれぞれソロ活動などをしていたが、2005年にロビーを除いた4人で再結成する。同年はテイク・ザット特集のドキュメンタリー番組が放送されベスト盤を再度リリース。2006年の再結成ツアーは大成功を収め、2006年末には再結成後初のアルバムもリリース。2007年3月にはアルバムプロモーションのため、再結成後初の来日を果たした。
紆余曲折を経て2010年にロビーが復帰し、再び5人での活動に戻ったが2011年10月現在はロビーを抜いた4人になっている。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー