上原ひろみ

ジャンル:
上原ひろみ プロフィール画像

上原ひろみのバイオグラフィー

1979年静岡県浜松市生まれ。

6歳よりピアノを始め、同時にヤマハ音楽教室で作曲を学ぶ。
国内外の「ユニセフチャリティコンサート」「ジュニアオリジナルコンサート」等に多数出演。17歳の時にチック・コリアと共演し、1999年にはボストンのバークリー音楽院に入学。在学中にジャズの名門テラーク・レーベルと契約。2003年にアルバム「Another Mind」で世界デビューし、欧米でのライブ活動をスタート。

2004年春にはセカンドアルバム「Brain」をリリースし、アメリカの「サラウンド・ミュージック・アワード<ニュースター賞>」を受賞。2005年、活動の拠点をボストンからニューヨークに移す。2006年はサードアルバム「Spiral」を発売し、「ミラノ・コレクション」での演奏や、「ボストン・ミュージック・アワード<ベスト・ジャズ・アクト賞>」を受賞するなど活躍。2007年は新たにギターを加えたプロジェクトとして「HIROMI'S SONICBLOOM」を結成し、アルバム「Time Control」を発売。世界最大のフェスティバル英「グラストンベリー・フェスティバル」に出演するなど各国でのツアーを行った。そして2008年新作「ビヨンド・スタンダード」を6月に発売。ニューヨーク・ブルーノートでの4年連続一週間公演や、ハリウッドボウルでの「PLAYBOY JAZZ FESTIVAL」などに出演するとともに、アフリカから北欧まで今年も世界中をくまなくツアーで回った。

日本においては、2003年にTBS系「情熱大陸」に出演し話題となり、2003年度「日本ゴールディスク大賞」<ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー>を受賞。2004年、巨匠オスカー・ピーターソンの日本公演のオープニングアクトを務め、2005年は「フジロック'05」への参加、グラミーアーティストであるミシェル・カミロの日本公演での共演、サードアルバム「Spiral」(ジャズディスク大賞日本ジャズ賞受賞作品)は、オリコン20位のヒットを記録した。2006年は、ドリームズ・カム・トゥルーとのライブ共演、矢野顕子のアルバムへのレコーディング参加や共演ライブ、「東京JAZZ2006」への出演、タップダンサー熊谷和徳とのコラボレーションライブなどを実施。また、2007年には平成18年度(第57回)芸術選奨、文部科学大臣新人賞大衆芸能部門で受賞、「フジロック'07」への出演、浅田次郎原作・宮沢りえ主演映画「オリヲン座からの招待状」のメインテーマ曲を担当。さらには自身5度目となる日本ツアーも大成功に終了した。

2008年1月には、チック・コリアとのブルーノート東京でのライヴ・アルバム「デュエット」をリリースし、4月には日本武道館にてピアノデュオの公演を実施。5月には新作「ビヨンド・スタンダード」を発売し、ジャズ作品として異例のオリコンTOP10を記録。夏には「東京JAZZ2008」、「Sweet Love Shower」等大型フェスに参加。

11月に日本先行リリースとなる初の映像作品「上原ひろみ ライブ・イン・コンサート」、「上原ひろみ~Hiromi's Sonicbloom ライブ・イン・コンサート」の2タイトルを「ビヨンド・スタンダード日本ツアー」と合わせてリリース。

2009年4月、The Stanley Clarke Trio with Hiromi & Lenny Whiteによる「JAZZ IN THE GARDEN」に参加、自身も「Sicilian Blue」および「Brain Training」の二曲を作曲。アルバムは全体としてスタンダードなジャズ調だが、上原らしい独特のドラマ性がそこかしこで展開されている。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー