倉橋ヨエコ

ジャンル:
倉橋ヨエコ プロフィール画像

倉橋ヨエコのバイオグラフィー

9月20日生まれ。A型、愛知県出身。

武蔵野音楽大学器楽科卒業。
3歳よりピアノを始め、ピアノに愛と偏執を持つ女。

大学時代に、熊谷幸子に憧れ、オリジナル曲を書き始める。
現在は、白鍵と黒鍵の間に妄想やら恋心やら恨み言やら泣き言やら乙女の決意やらをみっちりと織り込んで、歌い弾くことを生業とする。

子供の頃は用水路わきに妖精が見えたらしい。

2000年にミニアルバム「礼」を発表し、音楽活動を始める。
「昭和の捨て犬」「平成のシャバダ女」と数々の異名が付けられる。
「南天のど飴」CMや「ビオレマスカラメイク落とし」CMでの特徴あるハイトーンボイスが話題となる。

2008年4月30日オフィシャルサイトでアーティスト活動から引退となる“廃業宣言”し、「感謝的 解体ヨエコ ツアー」の7月20日@東京キネマ倶楽部の公演をもって引退する。