八代亜紀

ジャンル:
八代亜紀 プロフィール画像

八代亜紀のバイオグラフィー

八代 亜紀(やしろ あき 本名:増田 明子(旧姓:橋本)、1950年8月29日 - )は日本の女性演歌歌手、画家。熊本県八代市出身。読みは違うものの、芸名は出身地の八代(やつしろ)市から採っている。

幼少の頃から父親の歌う浪曲を子守唄代わりに聴きながら育つ。そうした影響もあり、八代は歌好きの子供になり、地元のコンクールなどにも出場していた。

その後、八代が小学5年生のとき、たまたま父親が買ってきたジュリー・ロンドンのレコードを聴き、そのハスキーボイスに魅せられる。もともと自身もハスキーボイスの持ち主だった八代は、その声に若干のコンプレックスがあったようだが、ジュリーの声質に勇気づけられ、クラブ歌手になることを意識するようになる。

中学卒業後、地元熊本のバス会社九州産業交通(現 九州産業交通ホールディングス)のバスガイドとして勤務した後、15歳で父親の反対を押し切り上京。銀座のクラブ歌手となり、スタンダードやポップスなどを歌った。

1971年、テイチクより「愛は死んでも」でデビュー。オーディション番組YTV『全日本歌謡選手権』に出場、10週連続勝ち抜きでグランドチャンピオンに輝く。1973年の「なみだ恋」が120万枚[1]の大ヒット。その後も「しのび恋」「愛ひとすじ」「おんなの夢」「もう一度逢いたい」「おんな港町」「愛の終着駅」など女心を歌った歌で次々とヒット曲を連発。また、1979年には新境地を開拓した初の男歌「舟唄」を発表し大ヒット、翌1980年に発表した「雨の慕情」でレコード大賞を受賞。これら2曲は「港町絶唱」と共に、阿久悠と浜圭介そして竜崎孝路のコンビによる哀憐三部作と呼ばれた。演歌歌手にしては稀な連続ヒットと国民的ヒット曲により、女性演歌歌手として不動の地位を築く。1982年、センチュリーレコードに移籍し「海猫」「日本海」「恋瀬川」などを発表。そして1986年、日本コロムビア(現:コロムビアミュージックエンタテインメント)に移籍し、現在に至る。

演歌歌手には珍しく、全盛期においては出す曲全て連続ヒットを記録しており、女性演歌歌手の中では総売上枚数がトップ。オリコンのシングル・チャートにおけるトップ10獲得作品数も通算7作で女性演歌歌手歴代1位。また、アルバムも好セールスを記録し、オリコンの総合アルバム・チャートには5作品をトップ10に送り込み、演歌歌手としては、氷川きよし、五木ひろし、森進一に次ぐ第4位の記録。総合アルバム・チャート・トップ10獲得連続年数は3年連続(1974-1976年)で、演歌歌手としては、氷川きよし(7年連続)、五木ひろし(4年連続)に次ぐ第3位の記録。([1]→共にオリコン調べ、2007年9月現在)

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー