加藤登紀子

ジャンル:
加藤登紀子 プロフィール画像

加藤登紀子のバイオグラフィー

加藤 登紀子(かとう ときこ、1943年12月27日 - )は、旧満州ハルピン生まれ、京都育ちのシンガーソングライター、作詞家、作曲家、女優。「おときさん」の愛称で親しまれている。
東京都立駒場高等学校、東京大学文学部西洋史学科卒。現在は城西国際大学観光学部ウェルネスツーリズム学科の客員教授でもある。

実父は満鉄勤務。駒場高等学校では放送クラブに所属。

1965年 東京大学在学中に、第2回日本アマチュアシャンソンコンクール優勝。
1966年 「誰も誰も知らない」でデビュー。「赤い風船」で第8回日本レコード大賞新人賞受賞。
1969年 「ひとり寝の子守唄」で第11回日本レコード大賞歌唱賞受賞。
1971年 「知床旅情」(作詞・作曲: 森繁久彌、ミリオンセラー)で、2度目の第13回日本レコード大賞歌唱賞受賞。
1983年 東宝映画『居酒屋兆治』に高倉健の妻役で、映画初出演。
1987年 「百万本のバラ」大ヒット。「難破船(中森明菜)」「わが人生に悔いなし(石原裕次郎)」といった提供曲も、好セールスを記録。
1988年 ニューヨークのカーネギー・ホール(小ホール)でコンサートを行う。
1992年 スタジオジブリ『紅の豚』(監督: 宮崎駿)に声優として出演、主題歌「さくらんぼの実る頃」、エンディング・テーマ「時には昔の話を」も担当。
また同年に、芸術文化活動における功績に対して、フランス政府からシュバリエ勲章を授与される。
1997年 WWFジャパン(世界自然保護基金日本委員会)評議員に就任。
2000年 UNEP(国連環境計画)親善大使に任命。
2006年 FUJI ROCK FESTIVAL 06に出演。若手ミュージシャンなどとも交遊が広く積極的にコラボレートするなど、現在も精力的に活動。
2008年 九条世界会議に参加し、全体会のフィナーレを飾った。
2009年 ソウル・フラワー・ユニオンらが主催した『PEACE MUSIC FESTA!』に出演。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー