原田知世

ジャンル:ジャズ
原田知世 プロフィール画像

原田知世のiTunes Store人気曲

原田知世のバイオグラフィー

原田 知世(はらだ ともよ、1967年11月28日 - )は長崎県長崎市出身の女優、歌手。血液型A型。所属事務所はショーン・ハラダ。4人兄姉の末娘で、原田貴和子は実姉。

1982年、『角川・東映大型女優一般募集』オーディションにて『角川映画大型新人募集』特別賞を受賞し芸能界入り(グランプリは渡辺典子)。同年フジテレビ系列連続ドラマ『セーラー服と機関銃』でドラマデビュー。
同時に主題歌『悲しいくらいほんとの話』でレコードデビュー。後番組『ねらわれた学園』にも引き続き主演。共演の伊藤かずえ、本田恭章とともに人気を博す。
薬師丸ひろ子、渡辺典子とともに1980年代の角川映画を支えた「角川三人娘」の一人である。

1983年、『時をかける少女』で映画主演デビュー。同映画の主題歌『時をかける少女』は、シングル売上50万枚を超え、自身最大のヒット曲となった。
『愛情物語』(1984年)、『天国にいちばん近い島』(1984年)、『早春物語』(1985年)においても主演と共に同名の主題歌も歌い話題となった。
1985年の第36回NHK紅白歌合戦では、『早春物語』で初出場を果たした。

デビュー以来角川春樹事務所に所属していたが、1987年に独立し、実姉原田貴和子とともに芸能事務所「ショーンハラダ」を設立した。
同年公開の主演映画『私をスキーに連れてって』はスキーブームの火付け役となった作品としても名高い。1998年、第48回ベルリン国際映画祭正式招待作品となった映画『落下する夕方』で主演。
21世紀に入ってからも、『姑獲鳥の夏』(2005年)、『サヨナラCOLOR』(2005年)、『大停電の夜に』(2005年)など数々の話題作に出演。2006年に公開され、黒木和雄監督の遺作となった主演映画『紙屋悦子の青春』での悦子役は高い評価を受け、岩波ホールで異例のロングランとなった。小説すばる新人賞を受賞した三崎亜紀原作の映画『となり町戦争』(2007年)では新たなキャラクターを好演した。

シンガーとしても、デビュー当時からコンスタントにアルバムを発表。
90年代以降は鈴木慶一らとのコラボレーションによる数々のアルバムを制作。
邦楽のミュージシャンとしては初となるスウェーデンのプロデューサー、トーレ・ヨハンソンを迎えてのアルバム制作、それに伴うオール・スウェディシュ・メンバーとの国内ツアーなどで多くの新しいリスナーを獲得。独自の足跡を残してきた。
2006年にはMOOSE HILLのアルバム「DESERT HOUSE」に2曲ゲストボーカルとして参加。
2007年、伊藤ゴロープロデュースによる、デビュー25周年記念アルバム「music & me」をリリースした。同作品には参加アーティストとして鈴木慶一、高橋幸宏、大貫妙子、キセル、オニキユウジ、高木正勝など豪華なメンバーが顔を揃えた。

2007年夏、高橋幸宏の新バンド構想の呼びかけにより、原田知世、高野寛、高田漣、堀江博久、権藤知彦の計6人でpupaを結成。
2008年7月2日、デビュー・アルバム『floathing pupa』発売。pupa Live Tour "floating 6 pupas"を行った。 2009年10月21日 アイスランドでレコーディングしたアルバム『eyja(エイヤ)』発売。

他にナレーションやCMなどの活動も積極的に行っている。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー