友川かずき

ジャンル:J-Pop
友川かずき プロフィール画像

友川かずきのiTunes Store人気曲

友川かずきのバイオグラフィー

友川 かずき(ともかわ かずき、本名:及位 典司(のぞき てんじ)、1950年2月16日 - )歌手、競輪評論家、画家。歌手としての活動の根源は、岡林信康の影響によるもの。2004年に友川カズキと表記を改めている。

農家の次男として生まれる。中学校時代は歌手・舟木一夫にあこがれる野球少年。勉強嫌いで文学にも無縁だったが、ある日、図書館で中原中也詩集の「骨」を目にして衝撃を受け、自分でも詩作を始める。どことなく太宰の面影を感じさせる彼は文学的指向が強く、中原中也の詩に曲をつけたアルバムも発表している。能代工業高校建築科に進学。教科書は開かず、文学書の乱読とバスケットの練習に明け暮れた。太宰治と小林秀雄に激しくひかれた。高校卒業後、日本橋の婦人服卸問屋に就職したが、六ヶ月で退社。秋田訛りがひどく気になり、トイレに隠れて「いらしゃいませ」「ありがとうございました」を練習した。自意識過剰の男が接客に向くはずもなかった。その後、友川かずきと名前を偽って練馬の飯場にもぐり込む。及位という本名を笑われるつらさからだ。現在の芸名、ペンネームは、この時初めて使われた。以後、新聞配達、労務者、旋盤工、喫茶店のボーイ、クラブ歌手と、転々とする。

上京後、職を転々とするかたわら、URCレコードでのアルバイトを通し、あがた森魚と知り合い、中津川フォーク・ジャンボリーに参加。その後、故郷に一度帰るも再び上京、そこで恩人・宇崎竜童と出会う。彼の尽力によりシングル「上京の状況」や「生きてるって言ってみろ/人生劇場裏通り」をリリース、これを機に頭脳警察や寺山修二とも親交を深めた。

二十歳のころ、行きつけの赤提灯で岡林信康の歌を聴いた。「山谷ブルース」「チューリップのアップリケ」「手紙」..何かがグサリと胸に突き刺さって涙が出て止まらなかった。友人からギターを譲り受け、それまで作詞した詩作に曲をつけ、歌うようになった。 1974年3月「上京の状況」でデビュー。続いて「生きているって言ってみろ」を出すが、ニューミュージック全盛の時代、全く、といっていいほど売れなかった。

高校時代や一時故郷にいた頃のエピソードは、秋田県立能代工業高等学校バスケットボール部を全国大会で33回優勝させ、同部を全国屈指の強豪校にした、能代工業時代の恩師である加藤廣志著の『高さへの挑戦』に詳しく描かれている。加藤廣志は友川かずきを自分以上のバスケバカで、環境によっては最大のライバル指導者になっていただろうと彼を評している。実際、彼が同校のバスケットボール部のマネージャーだった時、有望選手を独自に育てている。また、故郷にいた時に中学校時代の小野秀二をコーチとして鍛えたのも彼だった。

上京した時に競輪を見て以来(川崎競輪場だと言われている)、競輪観戦を趣味としている。現在では趣味を越えてTV中継のゲストとして呼ばれる事も多く、出演したTV中継では名(迷?)言を残す事があり、競輪ファンの中では人気がある。

中上健次は友人であり、友川の絵を高く評価していた。
名言

* 「僕が欲しいのは5万、10万じゃなくて50万、100万が欲しいんです。」
* 「今日は預けてるお金を引き出しに参りました」
* 「ギャンブラーには反省している時間はありません」


友川かずきと同じジャンルのアーティスト

  • 浜崎あゆみ アーティスト写真

    浜崎あゆみ

    浜崎 あゆみ(はまさき あゆみ、1978年10月2日 - )は日本の女性歌手である。福岡県福岡市出身。福岡市立原中学校卒業。堀越高等学校中退。 愛称は「あゆ」や「ayu」など。芸能事務所・所属レコード会社はエイベックス・エンタテインメント。血液型はA型。 歌手デビュー後のオリジナル楽曲は全て自身で作詞しており、歌詞の中に『私(わたし、あたし)』以外に『僕(ぼく)』を多く使い、複数を指す『~達』、『~ら』が多いことが特徴。 また、『CREA』名義として、作曲を手がけたこともあ…

  • yoshiki*lisa アーティスト写真

    yoshiki*lisa

    吉木 りさ(よしき りさ、1987年7月27日 - )は、千葉県船橋市出身のタレント、演歌歌手。 フィットワン所属。千葉県立船橋旭高等学校卒業、亜細亜大学卒。 人物 * 趣味はショッピング、読書、映画鑑賞、散歩。また「おに魂」ではBL好きであると公言している。 * 特技は民謡。 * 小学校と中学校で吹奏楽部に所属しており、小学校時代はサックス、中学校時代はクラリネットを担当していた。 * 2008年12月24日、坂本冬美「夜桜お七」…

  • Chocolove from AKB48 アーティスト写真

    Chocolove from AKB48

    Chocolove from AKB48(チョコラヴ フロム エーケービーフォーティエイト)は、女性アイドルグループ「AKB48」から選抜された3人により結成されたユニット。 AKB48から派生した、初の本格ソロ・ユニット。 2007年の活動以降は特になく、2008年11月23日の中西里菜のAKB48卒業をもって活動休止状態となった。秋元才加と宮澤佐江は、2011年に結成された新たな派生ユニット、Divaのメンバーとなる。 シングル 2007年6月27日 明日は…

  • Sonar Pocket アーティスト写真

    Sonar Pocket

    Sonar Pocket(ソナー・ポケット)は、名古屋市出身のメンバー3人で構成される日本のヒップホップグループである。 トラックメイカー、DJのmatty(マティー)が創り出すポップで上質なサウンド、切 なさを呼び起こす天性の歌声のko-dai(コーダイ)、飾らず真っ直ぐなリリックで魂 のメッセージを響かせるeyeron(アイロン)。 3人が生み出すケミストリーは、 HIPHOP、CLUB MUSICの枠を超えて、老若男女問わず聴く者全ての心を鷲掴みにする。 ソナーポ…

  • 熊谷育美 アーティスト写真

    熊谷育美

    熊谷 育美(くまがい いくみ、1985年5月24日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。宮城県気仙沼市出身・在住。所属レコード会社はテイチクエンタテインメント。所属事務所はセントラルミュージック。 2009年11月、シングル「人待雲」でメジャーデビュー。 2010年4月、シングル「帰りたいよ」が東北・九州のラジオのプロに認められ、軒並みパワープレイを獲得した。 2010年5月、シングル「月恋歌」が映画・劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤルの主題歌になりその名…

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー