友部正人

ジャンル:シンガーソングライター
友部正人 プロフィール画像

友部正人のiTunes Store人気曲

友部正人のバイオグラフィー

友部 正人(ともべ まさと、1950年5月25日 - )は、フォークシンガー、詩人、振付師。

東京に生まれ各地を転々として育つ。
愛知県立熱田高等学校時代から友人らとビートルズをコピーしたバンドで、(ギターが得意でなかったため)ベース等を担当する。
その後、ディランの ”Like a Rolling Stone”を聴いた衝撃で、歌作りにのめり込むようになる。
ウッディ・ガスリー、レッドベリーが汽車の中でやった生活者の感情を歌うスタイルを日本でやりたいと思い、路上で歌い始める。
やがて学生運動に参加し火炎瓶を投げ、鑑別所に入れられてしまう。
1960年代末、名古屋市から大阪市に移住。西岡恭蔵、大塚まさじらと出会い、 高田渡を通して喫茶店に通い古書店で詩集を読む習慣に、目を開かれる
。1971年、中津川フォークジャンボリーに参加。
シバ、岩井宏、いとうたかお、山本コータローらと、武蔵野タンポポ団のセッションに参加。

1972年、『大阪にやってきた』でデビュー。
1973年、『にんじん』(「一本道」収録、他にもこのアルバムの「乾杯」「トーキング自動車レースブルース」に見られる「日本語でのトーキングブルース・スタイル」は友部が確立したと言われる。)、『また見つけたよ』をリリース。
1975年坂本龍一がピアノで参加した『誰もぼくの絵を描けないだろう』(おしゃべりなカラス収録)、1976年スカイドッグ・ブルースバンドをバッグにレコーディングした傑作『どうして旅に出なかったんだ』が、収録曲「びっこのポーの最後」のタイトルと歌詞に差別的表現があるとして回収の憂き目に遭う。
(「ちびっこのポーの最後」に改題して乗り切ろうとしたが、駄目だったと述懐したことがあるが、真偽は不明。その後1983年までメジャーレーベルとは無縁となる。)
1980年『何でもない日には』、1981年名曲「びっこのポーの最後」の新録版を含む『どうして旅に出なかったんだ』を『1976』と改題して自主リリース。
1983年に『ポカラ』、1984年『カンテ・グランデ』をリリース。

1990年代、たまとのセッションアルバム『けらいのひとりもいない王様』(たまのメンバーであった知久寿焼は、高校生の頃から友部宅に出入りしていた。)、矢野誠とのコラボ『雲のタクシー』を発表。
この時期からニューヨークに頻繁に行くようになり、デイヴ・ヴァン・ロンクにギターを習う。
ポエトリー・リーディングやエッセイなども発表。21世紀にはいっても、熱心なファンの集う地方のライブハウスや喫茶店等を回り、地に足の付いた活動を続けている。
ハーモニカにも定評があるが、ステージで間違えキーのハーモニカを使って曲を中断したり、強引に乗り切ってしまったりというお茶目な一面もある。
また、飄々としながらも朴訥としたステージトークや、間を埋めようとして不要なメンバー紹介を何度もしたりするなど、独特のキャラも愛情を持って迎え入れられている。
『北海道新聞』の夕刊にエッセーを連載。
なお、ステージを見ずに目を閉じて聴き入るのが、友部が観客にしてほしい聴き方である。

現代人の入り込んだ心理状態を、分かりやすい言葉で説き起こしている。
また、「熱くならない魂をもつ人はかわいそうだ」、「Speak Japanese, American」など、若い聴者に啓示的な作品もある。
谷川俊太郎が高く評価していたりするなど、ディラン同様、歌詞に詩的価値を見るファンが多い。
本人は田村隆一、金子光晴からの影響を記述している。
片桐ユズルら、多くの詩人と古くから親交がある。
フォークシンガーでは、豊田勇造をモデルにした「遠来」や、高田渡をモデルにした「朝の電話」という歌がある。

詩集・エッセイ集も多く出しており、イラクでお客さんとなった時のことも記している『パリの友だち』(1991年)などがある。

現在はマラソン練習を続けながら、ニューヨークと日本を行ったりきたりする生活を楽しんでいる。
その様子をWeb日記に書いている。パンとビールとコーヒーが好きで、歌詞にたびたび出てくる。
テレビに出ることが少ないため知名度は低いが、長渕剛、真島昌利、佐野元春、宮沢和史、森山直太郎、双葉双一らのミュージシャンは、友部から全人的影響を受けている。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー