夏川りみ

ジャンル:
夏川りみ プロフィール画像

夏川りみのバイオグラフィー

夏川 りみ(なつかわ りみ、1973年10月9日 - )は、沖縄県石垣市出身の歌手である。本名は、玉木 りみ(たまき りみ)、旧姓は、兼久(かねく)。
旧芸名は星 美里(ほし みさと)。所属事務所はJVCエンタテインメント株式会社。

生い立ち
幼い頃から歌うのが好きで、将来は歌手になりたい夢見ていた。
小学校2年生の時から父親の指導で毎日2時間練習していた。
9歳の時に地元の「ちびっこのど自慢大会」で優勝したのを皮切りに、全国各地の大会で賞を総なめにするようになった。
1984年には「素人名人会ちびっ子大会」で優勝した。

1986年、中学1年生の時に第10回「長崎歌謡祭」に出場し、史上最年少でグランプリを獲得。
レコード会社からスカウトされて上京し、田辺エージェンシーに所属した。
その後堀越高等学校に入学した。

星美里としてデビュー
1989年にポニーキャニオンから星美里の名で演歌歌手としてデビューし、「しほり」を発売した。
藤山一郎からは「40年に一人出るか出ないかの歌手」と称えられたが、ヒットには恵まれなかった。
1993年には第3回NHK新人歌謡コンテストに出場し、カップリング曲を予選で使い「港雨情」を決勝用に残す作戦に出たが予選で敗退した。

1996年に引退し沖縄県那覇市の姉のもとに移住した。
姉の飲食店を手伝いながら歌っていると、彼女の歌を目当てに店に訪れる客も増えたという。
1998年には琉球放送のラジオ番組『岩ちゃんのビタミンラジオ』に本名の兼久りみの名前でアシスタントとして出演した。

再デビュー
ポニーキャニオン時代のディレクターが彼女のために音楽事務所(三井エージェンシー)を立ち上げ、東京に呼び寄せられて1999年に夏川りみとして「夕映えにゆれて」で再デビューした。
以後もしばらくはヒット曲に恵まれなかったが、2001年に発売した「涙そうそう」がじわじわとヒットして一躍有名となった。
2002年には『第44回日本レコード大賞』で「涙そうそう」が金賞を受賞し、『第53回NHK紅白歌合戦』にも同曲で初出場した。
この時はこの曲の提供者である同郷のBEGINも同時に初出場を果たしており、石垣島では島中に「出場おめでとう」の横断幕がかけられて大騒ぎになったという。

2003年には古謝美佐子のカバー曲「童神」が『第45回日本レコード大賞』金賞を受賞した。『第54回NHK紅白歌合戦』では再び「涙そうそう」を歌った。
2004年には「愛よ愛よ」で『第46回日本レコード大賞』最優秀歌唱賞を受賞。
『第55回NHK紅白歌合戦』では三たび「涙そうそう」歌った。

2005年には愛知万博NHK関連番組で「ココロツタエ」がテーマ曲として使用された。
テレビアニメ『ドラえもん』(テレビ朝日系)の26年ぶりに変更されたオープニング・テーマ曲「ハグしちゃお」を発表。
10月にはオーロラ基金主催のベネフィットコンサートで、初の海外公演を行った。『第56回NHK紅白歌合戦』では4年連続で「涙そうそう」を歌った。

2006年4月4日から9日にかけて新宿コマ劇場で初公演『夏川りみカーニバル〜琉球の空と海と花と〜』を行った。第88回全国高等学校野球選手権大会では大会歌「栄冠は君に輝く」の歌唱者に選ばれた。
『思い出のメロディー』(NHK)では「花〜すべての人の心に花を〜」で初のトリを務めた。名古屋の放送局、中部日本放送(CBC)の開局55周年記念キャンペーンソング「未来」を発売。

同年10月18日にはアンドレア・ボチェッリとのデュエットで歌った「ソモス・ノビオス〜愛の夢」(スペイン語)がボチェッリのアルバム「貴方に贈る愛の歌」に収録された。
10月24日には初の台湾(台湾台北國際会議中心)公演を行った。『第57回NHK紅白歌合戦』では喜納昌吉のカバー曲「花〜すべての人の心に花を〜」を歌った。

事務所移籍以降
2007年1月14日に所属事務所三井エージェンシーとの所属契約満了をもってフリーとなった(所属レコード会社のビクターエンタテインメント預かり)。
また同年2月からはステージ活動休止、4月からはすべての活動を停止した。

4月から所属レコード会社の系列会社 JVCエンタテインメント株式会社に移籍し、5月13日に大阪城ホールで行われた『母の日に感謝のコンサート』にサプライズゲストとして登場し、活動再開を宣言した。
8月19日には日本テレビ系『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』に出演し、「涙そうそう」を歌唱。
またこの年の5月に不慮の死を遂げたZARDの坂井泉水の追悼コーナーにも登場し、チャリティーパーソナリティーを務めていた黒木瞳らと共に「負けないで」などを熱唱した。12月25日、26日には2度目の台湾公演を行った。

2008年5月24日、26日に日本ベトナム外交関係樹立35周年記念事業、ハノイ・ホーチミン音楽祭に参加。
10月28日には中国上海国際芸術フェスティバル「日本文化ウィーク」に参加しソロコンサートを開催した。

2009年1月1日にパーカッション奏者玉木正昭と結婚した。
1月15日から18日にかけて台湾でソロコンサートを開催した。
台北國際會議中心大會堂。5月16日には太宰府天満宮 天神ひろば特設ステージで「千年 樟若葉コンサートデビュー10周年記念 夏川りみと唄者たち」を開催した。
同年3月に開催された沖縄国際映画祭出品作品、『南の島のフリムン』(ゴリ監督)に謎の占い師役で映画初出演を果たした。

音楽
夏川の歌声には人を癒す力があると讃えられる。
夏川の伴奏を数多く務めた吉川忠英は彼女の歌声を「まさに南国の夜にキラメく大きな星の様に、強く、やさしく、あたたかく、僕の心をくすぐってゆく」と評している。
古謝美佐子のカバー曲「童神」はいまや夏川のレパートリーとして定着し、「胎教にいい」との評判も呼んでいる。

「涙そうそう」を歌うようになったのは沖縄サミットの関連イベントで同郷のBEGINがこの曲を演奏しているのを偶然テレビで見たことに端を発する。
この曲に魅了された夏川は自分で歌いたいと思い、BEGINのライブに行った際に楽屋を訪ね、歌わせて欲しいと申し出た。
「あらためて別の曲を作ってあげる」と「あなたの風」を提供されたが、「涙そうそう」を諦め切れなかった彼女はさらに懇願を続け、カバーへの同意を取りつけた。
夏川はこの曲に出会って全てが変わったと語る。「やっと、自分らしさが分かって自信が出てきた」という。

「涙そうそう」のヒットを最も喜んだのは幼い頃から歌の手ほどきをしてくれた父だった。
夏川自身は幼い頃は中森明菜などのポップスを歌いたかったが、父に歌わされたのはいつも演歌だった。
嫌々歌っていたこともあった夏川だが、今は「演歌で歌の基礎をしっかり教えてくれたからこそ、今どんな歌でも歌える」と感謝していると語る。

自ら三線、琉笛、三板を演奏しながら歌うことも多く、手話のような振りを採り入れることもある。
「さようなら ありがとう」での“笑ってね”という歌詞に合わせた“笑う”という手話、など。2006年の『第57回NHK紅白歌合戦』で「花〜すべての人の心に花を〜」を歌唱した際にも歌詞にあわせて手話を行なった。
「童神」では赤ん坊を抱く仕草をすることが多い。

特徴
コンサートなどでは鼻緒付きの履物が多い。沖縄の特産品であるおとひめサンダルを履いていることが多い。
映画『涙そうそう』で出演依頼(学校の先生役)があったが「私は歌しかできない」という理由で断った。
2007年8月5日、世田谷区主催の「世田谷区民まつりグランドフィナーレコンサート」において「花」を歌い終わると主催者側から突然「雷のため中止にします」との要請が出た。しかし夏川りみ本人の強い希望で「涙そうそう」を歌った。
alanは夏川のことを尊敬していると語っている。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー