夏木マリ

ジャンル:
夏木マリ プロフィール画像

夏木マリのバイオグラフィー

夏木 マリ(なつき まり、1952年5月2日 - )は、東京都豊島区生まれ埼玉県大宮市(現・さいたま市)育ちの女優、歌手である。本名および旧芸名は中島 淳子(なかじま じゅんこ)。身長163cm、血液型はO型。豊島岡女子学園高等学校卒業。

大宮市立三橋小学校・大宮市立三橋中学校卒業。 高校時代はジュンコと言えば池袋で有名なスケバンだった。コーラスを歌っているところをスカウトされる。デビュー前には藤田まことの前座歌手を務めたこともあった。GSのタックスマンの追っかけをしていた。

1971年、本名で「小さな恋」にて歌手デビュー。この時制作されたビデオクリップが日本初のビデオクリップと言われている。

デビュー後はあまり注目されず、不遇の時代を過ごしていた。1973年に現在の芸名で「絹の靴下」を発表。6月に再デビューすることが決まっていたことから、芸名が「夏に向けて決めよう」→「夏決まり」→「ナツキマリ」となった。妖艶な振り付けやフィンガー・アクションが盛り込まれた同曲は大ヒットとなった。

1993年、企画から構成、演出、出演まで全てを手がける舞台表現『印象派』を発表。以降、現在までに80以上のステージを重ね、国内はもとよりドイツ、フランス、イギリス、ポーランドでも公演を行い、高い評価を得ている。

1995年、小西康陽からのアプローチを受けミニアルバム『九月のマリ-』を発表。現在に至るまで4作品のアルバムを発表している。

2001年、『千と千尋の神隠し』において老魔女「湯婆婆」の声優を務め話題となった。

2007年、パーカッショニストの斎藤ノブと交際中であると発表し、夏木はこれを「フランス婚」と表現し、籍にこだわらないことを明かしている。

2008年12月8日、斎藤と共に『Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ2008』に出演し、手紙の朗読と「ジョン・シンクレア」と「ラヴ」を歌った。

うどん店「つるとんたん」の六本木店・新宿店のプロデュースも行っている。また、途上国の子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンを通して、チャイルド・スポンサーになるなど、国際貢献活動も行っている。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー