大野雄二

ジャンル:
大野雄二 プロフィール画像

大野雄二のバイオグラフィー

静岡県熱海市出身の作曲家、
アレンジャー兼ジャズ・ピアニストである大野雄二。

小学校でピアノを始め、高校時代にジャズを独学で学ぶ。
慶應大学在学中に名門ビッグ・バンド“ライト・ミュージック・ソサエティ"に在籍。
卒業後、藤家虹二クインテットでプロとしてスタート。

その後、白木秀雄クインテットを経て、自らのトリオを結成。
解散後は、膨大な数のCM音楽制作のほか、
『犬神家の一族』『人間の証明』などの映画やテレビの音楽も手がけ、
数多くの名曲を生み出している。

リリシズムに溢れたスケールの大きな独特のサウンドは、
日本のフュージョン全盛の先駆けとなり、
代表作『ルパン三世』『大追跡』のサウンド・トラックは、
70年代後半の大きな話題をさらった。

毎年放映されている『ルパン三世テレビスペシャル』などの作曲活動のほか、
再びプレイヤーとして都内ジャズ・クラブから全国ホールまで積極的にライヴ活動を展開している。

99年10月に発売されたセルフ・カヴァー・アルバム『LUPIN THE THIRD「JAZZ」』を機に、
このジャズ・カヴァー・シリーズがロング・ヒットを記録。

05年7月には初のセルフ・カヴァー・ベスト『Made In Y.O.』をリリース。
06年4月には、『LUPIN THE THIRD「JAZZ」』シリーズ10枚目で
新プロジェクト“Yuji Ohno & Lupintic Five"を結成。

「JAZZが難しいものではなく、格好良くて楽しいもの」を表現するレーベル<Lupintic Label>を設立。
09年4月にはレーベル第2弾作品として、ゲスト・ヴォーカルに今井美樹を招いた
Yuji Ohno & Lupintic Five名義のアルバム『Feelin' Good』を発表した。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー