山崎まさよし

ジャンル:
山崎まさよし プロフィール画像

山崎まさよしのバイオグラフィー

山崎まさよし(やまざき まさよし、本名:将義、1971年12月23日 - )は、日本のシンガーソングライター、俳優である。身長176cm、体重61kg。愛称は「まさやん」。アコースティックギターやブルースハープの名手としても知られる。天然パーマがトレードマーク。

デビューのきっかけは歌手のオーディションと間違えて役者のオーディションを受けてしまうというハプニングによる。このオーディションは応募者1000人以上という規模の大きいもので、山崎がこのオーディションが歌手ではなく役者のオーディションだと気がついたのは東京での最終審査の直前であったという。山崎は仕方なくこの場で自作の歌(本人曰く、その時歌ったのは『中華料理』、『Rough Rock'n Roll Boogie』)を披露している。この時、偶然にもオーディションに審査員として参加していた音楽プロデューサー(現在、山崎まさよしのチーフマネージャー)の目に留まり1995年にシングル「月明かりに照らされて」でデビューに至っている。なお、このオーディションではグランプリは逃しているものの審査員特別賞を受賞している。

アルバム『ステレオ』シリーズ以降、『SHEEP』や『アトリエ』では作詞、作曲や編曲の他に全ての楽器の演奏を自分ひとりで行っている。なお、自身のシングル・アルバムでの作詞・作曲は本名である「山崎将義」名義としている。 また、現在まで3枚もの(しかもいずれも2枚組の)ライブアルバムを出してることからも分かるように大のライブ好きで、ほぼ毎年ライブを行っている。

彼はアコースティックギターの弾き語りで知られるが、他にもエレキギター、ピアノ、ドラムなど数多くの楽器をこなせる。前述の通り、元々最初に憶えた楽器はドラムだったという。

ディスコグラフィ

シングル

トランジスタ・ラジオ (1992)インディーズ盤
月明かりに照らされて (1995.09.25)
中華料理 (1996.02.25)
セロリ (1996.09.01)
One more time, One more chance (1997.01.22)
アドレナリン (1997.05.08)
振り向かない/ガムシャラ バタフライ (1997.10.22)
水のない水槽 (1998.05.13)
僕はここにいる (1998.11.11)
Passage (1999.10.14)
明日の風 (2000.07.05)
Plastic Soul (2001.05.23)
心拍数 (通常盤) (2002.05.29)
心拍数 (北海道編) (2002.05.29)
心拍数 (東北編) (2002.05.29)
心拍数 (関東編) (2002.05.29)
心拍数 (信越・北陸編) (2002.05.29)
心拍数 (東海編) (2002.05.29)
心拍数 (近畿編) (2002.05.29)
心拍数 (中国編) (2002.05.29)
心拍数 (四国編) (2002.05.29)
心拍数 (九州・沖縄編) (2002.05.29)
全部、君だった。 (21003.03.19)
未完成 03.05.21
僕と不良と校庭で (2003.10.22)
僕らは静かに消えていく (2004.05.19)
ビー玉望遠鏡 (2004.08.18)
メヌエット (2005.04.13)
8月のクリスマス (2005.08.24)
アンジェラ (2006.05.17)
『秒速5センチメートル』Special Edition (2007.03.03)
真夜中のBoon Boon (2008.03.12)

アルバム

アレルギーの特効薬 (1996.04.01)
HOME (1997.05.21)
ドミノ (1998.12.23)
SHEEP (1999.11.26)
transition (2001.06.27)
アトリエ (2003.06.25)
ADDRESS (2006.06.28)