岩崎良美

ジャンル:
岩崎良美 プロフィール画像

岩崎良美のバイオグラフィー

岩崎良美(いわさきよしみ、1961年6月15日 - )は、日本の女性歌手、女優。東京都出身。
代表曲は「赤と黒」「涼風」「I THINK SO」「恋ほど素敵なショーはない」「タッチ」の主題歌など多数。所属事務所は株式会社エムジーツー(音楽活動)と青年座映画放送部(女優活動)。

東京都江東区に三姉妹の三女として誕生。歌手の岩崎宏美は3歳年上の実姉。

成城学園時代、姉と同じく松田敏江に師事。
堀越高等学校2年の時に芸能界入りする。
当時既に人気歌手としての地位を固めつつあった姉の存在を過剰に意識する余り、アイドル的なキャラクターを最初から放棄し、事務所も当時アイドル育成の実績がほとんど無かった六本木オフィスを選択、芸能界デビューはTVドラマ『五代家の嫁』(1977年)であった。

1980年2月21日、「赤と黒」で歌手デビュー。歌手としての実力はデビュー当初から高く評価され、いきなり東京音楽祭に出場。
有名外国アーティスト陣の中、「赤と黒」が披露された。
資生堂シャワーコロンのCFソングに抜擢された第2弾「涼風」はベストテン入りのスマッシュヒット。
第3弾「あなた色のマノン」では各音楽祭においてたくさんの新人賞を獲得する。

1980年、NHK紅白歌合戦に初出場(歌唱曲は「あなた色のマノン」)。姉・宏美とともに果たした姉妹同時ソロ出場は紅白史上初のことであり、いまだにこの記録は破られていない(ちなみに兄弟同時ソロ出場は、のちに鳥羽一郎・山川豊兄弟が実現している)。

当時、同期デビューの松田聖子とは堀越学園の同級生ということもあり大の仲良しで、『笑っていいとも』のテレフォンショッキング友達の輪では聖子から良美に電話がつながれたり、聖子が結婚のため歌手休業する際のTV特番に良美がゲストで出演したりということ多数。

1984年10月~85年4月、ラグビー部マネージャーの山崎加代役で出演したTVドラマ『スクールウォーズ』が高視聴率を記録。現在も繰り返し再放送されるロングヒットドラマに。

1985年に歌ったTVアニメ『タッチ』の主題歌が大ヒット。
発売から25年経つ現在でも高校野球の応援ソングとしてよく使用されている。
カラオケでは超スタンダード曲となっており、2009年に第一興商が発表した歴代昭和発売曲リクエストランキングでは有名演歌曲を抑えて堂々2位にランクインしている(1位は「天城越え」)。

1986年、3・4月開催のセンバツ高校野球大会で、「愛がひとりぼっち」のB面に収録された「青春」(TVアニメ『タッチ』2nd EDテーマ)が開会式の入場行進曲に起用された。
姉の岩崎宏美も過去に「センチメンタル」と「聖母たちのララバイ」の2曲が、同じくセンバツ大会の入場行進曲に選出されており、姉妹ともに選出されたのは初のことである。

1980年代末から芸能活動の主体を舞台やドラマ出演に移す。

1998年11月、約12年ぶりに自ら作詞を担当したシングル「Message/冷たい雨」を発表。
翌1999年、南青山MANDALAにて久々のライブを開催し、歌手活動を再開させる。

2000年、現在入手困難でオークションなどでは高値取引されているアルバム『ラ・コンフジョン(戸惑い)』をインディーズレーベルから発表。ジャケットは2バージョン存在する。

2002年、キャニオン時代のシングル曲を網羅したCD-BOX『BOKURA NO BEST 80-87 YOSHIMI IWASAKI CD-BOX』が発売されるが瞬時完売。

2002年、ミュージカル「アニー」に億万長者ウォーバックスの秘書グレース・ファレル役で出演し、清潔感と品を兼ね備える数少ない歌える女優として好評価を獲得。
以後、「アニー」に8年連続で出演中(2009年現在)。
彼女が自身のライブでピアノをバックに披露する「トゥモロー」は絶品で、思わず涙を流す女性が続出している。

シングルは1980年から1989年迄の間に25枚、1998年と2001年にオリジナルレーベルから各1枚。
同じくアルバムはオリジナル盤が14枚(ポニーキャニオン13枚、CBSソニー1枚)、ライブ盤が1枚、2000年と2002年にインディーズレーベルから各1枚発売されている。
また、2003年から発売されている姉・岩崎宏美のカバーアルバム『Dear Friends』シリーズにゲストボーカルとして参加しており、見事な姉妹デュエットによるスタンダードポップスを聴かせている。
2010年2月現在シリーズ4枚が発表されており、デュエットナンバーは「誰もいない海」「卒業写真」「白い色は恋人の色」「夢で逢えたら」という4曲がレコーディングされている。

また、現在未CD化だがTV番組などでは「見上げてごらん夜の星を」も何度か披露されている。

2008年4月3日、「スター混声合唱団」(団長:山田邦子、2008年4月1日始動)のメンバーとなり、がんの早期発見治療の大切さを訴えるチャリティーコンサートを行っている。

2008年5月16日、公式としては初めてとなる姉・岩崎宏美とジョイントコンサートを文京シビックホールで開催(岩崎宏美・岩崎良美 Precious Night プレシャスナイト)。神奈川フィルハーモニー総勢70名をバックに従えた豪華な内容で、宏美による「ごめんねDarling」や良美による「すみれ色の涙」などお互いのヒット曲を交換するコーナーも披露された。
このコンサートの模様はDVD化されて発売中(2008年9月24日発売・インペリアルレコード)。

2008年10月22日に発売された、姉・岩崎宏美のアルバム『Dear Friends Ⅳ』にゲストボーカルとして参加(「夢で逢えたら with 岩崎良美」)。

2008年9月3日発売のSound Horizonによるメジャー4作目のアルバム「Moira」のゲストボーカルとしてエイレーネ役、ソフィア役で参加。
また、JCBホールで開催された同アルバムのコンサート「『Moira』 ~其れでも、お征きなさい仔等よ~」に出演。

2009年 「岩崎良美デビュー30周年記念プロジェクト」と銘打ち、その第一弾ライブ「Yoshimi Iwasaki Debut 30th Anniversary Concert 01 化粧なんて似合わない」(5月28日(木)南青山MANDALA)が開催された。
会場は30周年を祝うたくさんのファンで満杯に。

2009年、岩崎良美&カズンジョイントコンサートツアー「七色音色~なないろねいろ~コ
ンサート」がスタート。
6月、新潟県内3ヶ所(新潟、上越、南魚沼)の公演でコラボレーションによる新曲「ココロノ色」が発表された他、姉・宏美のヒット曲「万華鏡」なども披露された。
新潟の好評を受けて7月22日(水)に東京南青山MANDALAでの公演決定が緊急発表された。2009年10月に5本と2010年1月に6本と北海道ツアー全11本、1月の横須賀、2月に中野サンプラザホールなどが決定している。

2009年10月1日、岩崎良美&カズンの七色音色ツアーから生まれた「ココロの色」のマキシシングルが発売。
七色音色コンサート各会場と札幌のフレンドショップMS音楽処の店頭&通信販売限定で購入できる。 
前作「キエス?」から7年ぶりのCDミニアルバム 「岩崎良美ヴォーカルアルバム 赤と黒から・・・・・Ⅰ」 が12月5日発売。
30年目を迎えてもう一度この曲でデビューしたいという気持ちで再レコーディングした「赤と黒 09」をはじめ、「ごめんねDarling」、「四季」、カズンの漆戸啓による「モノクローム」、八神純子による「プロローグ」、ミシェル・ルグランの「L’ete42」、ミュージカルアニーのテーマ曲「トゥモロー」の7曲を収録。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー