工藤静香

ジャンル:J-Pop
工藤静香 プロフィール画像

工藤静香のiTunes Store人気曲

工藤静香のバイオグラフィー

工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は、日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。本名: 木村 静香(旧姓: 工藤)。元おニャン子クラブのメンバーである。夫は木村拓哉(SMAP)。

東京都西多摩郡羽村町(現・羽村市)出身。東京都立板橋高等学校→日本音楽高等学校・編入・中退。血液型B型。愛称:しーちゃん、しずちゃん。「愛絵理」(あえり)名で作詞をしている。

ミス・セブンティーン〜おニャン子クラブ時代

板前の父と美容師の母の下、幼少期を羽村市で過ごす。小学生の時には劇団「東俳」に所属。

1984年第3回「ミス・セブンティーンコンテスト」に出場(同コンテストの同期には国生さゆり、渡辺美里、松本典子、網浜直子、斉藤さおりなどがいる)。翌1985年1月、木村亜希(清原和博夫人)、柴田くに子(後の森丘祥子)と「セブンティーンクラブ」を結成しCBSソニーからレコードデビューするも、2枚のシングルを発表し解散。その後、メンバーは日本テレビのアイドルユニット「B・C・G(美少女からふるギャング)」のオーディションに参加し、木村のみが合格する。

高校へ進学した1986年5月、『夕やけニャンニャン』番組スタッフの勧めでおニャン子クラブのオーディションを受け合格、会員番号38番となる。既に歌手活動をしていたことやモモコクラブのメンバーであったことが知られたが、突出した玄人っぽさを見せることは無く、クイズ等で見せる「バカキャラ」(自ら「だってあたしバカなんだも〜ん」と発言したこともある)や「ヤンキーキャラ」(バイクが大好きと公言など)で注目されるようになる。10月には渡辺満里奈のソロデビュー曲「深呼吸して」で生稲晃子とともに「with おニャン子クラブ」としてバックコーラスを担当する。

1987年5月7日、生稲晃子・斉藤満喜子とユニット「うしろ髪ひかれ隊」を結成。5月21日に発売のおニャン子クラブ8枚目のシングル「かたつむりサンバ」ではフロントボーカルに抜擢されるなど、終焉に向かっていたおニャン子クラブの中で人気、知名度を上げていく。

セブンティーンクラブやおニャン子クラブの事を隠し立てはしておらず、テレビ番組のトーク等で話題にすることもある。木村亜希と清原和博の結婚を木村本人から報告を受けたといい、おニャン子時代のエピソードを話すこともある。コンサートで「会員番号の歌」の自身のパートを歌ったり、NHK『ふたりのビッグショー』(共演は工藤のモノマネを得意としていた森口博子)で「セーラー服を脱がさないで」の一節を振りつきで披露した事もある。おニャン子クラブは学業最優先が原則であったが、工藤はあまり真面目に学校へ通っていなかったことを後に告白している。

ソロデビュー以降

『夕やけニャンニャン』最終回放映日の1987年8月31日に発売となったシングル「禁断のテレパシー」でソロデビュー。以後ヒット曲を連発し、1980年代後半から1990年代前半を代表する女性歌手の一人となり、また浅香唯・中山美穂・南野陽子らと共に「アイドル四天王」とも呼ばれた。

おニャン子関連の曲もしくはおニャン子出身者の曲で、TBS系『ザ・ベストテン』第1位を獲得したのは工藤静香ただ一人である。1988年の9・10月に同番組で「MUGO・ん…色っぽい」で初の1位を獲得、同年の年間ランキングでも6位に入った。また、同年に発売されたミニアルバム『カレリア』では、「愛絵理」ネームで作詞をする。以降も作詞の際はこの名前を使用。「愛絵理」は両親が命名の際に第1候補として考えていた名前である。

翌1989年は「恋一夜」「嵐の素顔」「黄砂に吹かれて」と50万枚以上の大ヒットを連発し、その年のシングル年間ランキング上位10曲の中に3曲全てが入った。特に「黄砂に吹かれて」は、オリコン6週連続1位の記録を持っている。またこの曲で『ザ・ベストテン』最終回の1位を飾った(歌詞を数ヶ所間違えるハプニングがあった)。

1994年3月20日に発売されたシングル「Blue Rose」ではソロデビューから全ての楽曲(本人作曲を除く)を提供していた後藤次利と離れ、セルフプロデュースを展開。作詞はほとんど本人が担当し、都志見隆、松本俊明等の作曲家が参加。

1987年10月から5クール(1年3ヶ月)連続でドラマ出演するなど女優としても活躍する他、画家として二科展に14回の入賞実績がある。(14回目の入選は「30代では極めて異例」と二科展も驚くほどの快挙である)。

バラエティ番組でも『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』にセミレギュラー出演等活躍。特に1988年のTBS系列ドラマ『時間ですよ たびたび』で共演して以来、とんねるずとの共演が多い。1997年に石橋貴明とユニット「Little Kiss」を結成してシングル「A.S.A.P.」を発売。音楽番組で歌唱中に実際にキスするパフォーマンスがあった。石橋からは「姫」と呼ばれている。

2000年〜2002年、YOSHIKIが主宰するレコード会社「EXTASY RECORDS」に所属。

結婚〜現在

2000年11月、SMAPの木村拓哉と結婚(当時妊娠4ヶ月)。

2001年5月1日に長女「心美(ここみ)」と、2003年2月5日に次女「光希(みつき)」を出産したことで音楽活動からは遠ざかっていたが、2005年2月16日に久々のシングル「Lotus〜生まれし花〜」の発売を期に、古巣であるレコード会社「ポニーキャニオン」に復帰した。

2004年にラスベガスにて自身がデザイン・プロデュースする宝飾ブランド「TREASURE IIII」を発表。日本でなく海外で発表したのは、「工藤静香」の名前のみが注目されデザインが適切に評価されないことを避けるためであった。

2007年5月23日には「雨夜の月に」をリリース。「Lotus〜生まれし花〜」以来、久々に自身による作詞のシングル曲となった(フジテレビ系ドラマ『麗わしき鬼』主題歌にもなった)。

2007年8月31日には、ソロ・デビュー20周年を迎えた。それを記念してベストアルバム『Shizuka Kudo 20th Anniversary the Best』、10枚組DVD『Shizuka Kudo THE LIVE DVD COMPLETE BOX』(1988年〜1999年のライヴ映像の集成)を発売し、東京と大阪でライヴを開催。本人が気に入っているにしおかすみこのモノマネや、観客のリクエストに答えて「かたつむりサンバ」の一節を披露する場面がテレビで報じられた。東京ライヴの模様のダイジェストは、シングルのカップリング曲を集めた作品集『20th Anniversary B-side collection』(2008年3月5日)の初回限定生産盤の付属DVDに収録されている。

中島みゆきとの関わり

工藤にとって歌手として躍進を遂げたのは、シンガーソングライター・中島みゆきとの出会いによる。1988年にリリースしたシングル、「FU-JI-TSU」を皮切りに中島より多くの詞の提供を受け、それらからヒット作が多く生まれている。なお、中島はこれまでに40人を超える歌手に合計98本の曲や詞を提供しているが、工藤への提供曲・詞は2割強にあたる22本(最新作は2008年11月発売の「NIGHT WING/雪傘」)を占めており、この中では最多である(これに次ぐのは研ナオコへの15本と、柏原芳恵への4本)。

ソロデビューした当時、中島みゆきを担当していたディレクター(ポニーキャニオン所属。当時中島もキャニオン所属であった)が工藤を兼任することとなり、かつ、デビュー前に工藤が「中島みゆきと松任谷由実のどちらが好きか」と聞かれて、中島みゆきと答えたことから縁ができたとされる(それ以前より中島の曲に影響されたともいわれている)[1]。工藤自身「中島みゆきさんほど憧れる人はいない」と語っている。工藤が中島と初対面したのは20歳頃で、音楽雑誌に掲載された対談であった。工藤は、そのときの印象を「すっごく華奢な人だなって」「なんか地面から浮いているイメージ」と語っている。

中島も工藤との友情を大切にしており、工藤にあてた音声インタビューの中で「これからもずっと、私は、あなたの瞳に憧れます」「あなたと巡り会えたことが、私にとっての宝物です」と語った。これを聞いた工藤は、感激のあまり嬉し涙を見せた[2]。

デビューから工藤のバックバンドを務めていたミュージシャンは、ほとんどが中島みゆきのバックバンドを務めており、そして当時工藤の曲のほとんどを作っていた後藤次利も、中島とはかつてバックバンドだけでなく、編曲やプロデューサーとして組んでいたミュージシャン仲間の一人でもあった。

1996年11月7日に発売されたシングル「激情」ではこれまで詞のみの提供だった中島が詞だけではなく、曲も提供するようになり、編曲も瀬尾一三が担当している。これ以後の工藤への提供曲はすべて中島作詞・作曲、瀬尾編曲のものである。

2008年には、ソロデビュー20周年記念のラストの締めくくりとして、8月に中島の曲のみをカヴァーしたアルバム『MY PRECIOUS -Shizuka sings songs of Miyuki-』と、11月に新曲シングル『NIGHT WING/雪傘』を発表した。

工藤静香と同じジャンルのアーティスト

  • こやまきみこ アーティスト写真

    こやまきみこ

    こやま きみこ(1979年1月27日 - )は日本の女性声優。徳島県徳島市出身、血液型はA型、身長152cm。AIR AGENCY所属。本名は古山 貴実子(読みは同じ)、以前の芸名は古山 きみこ(読みは同じ)。 かなりのロリ声であり、笑い方に特徴がある。その声を生かして少女や幼い女の子の声を担当することが多いが、実は少年っぽい声もこなせるほど声の幅は広い。また稀に『REC』の田中さん役のような大人の女性の声を担当することもある。 声をあてるアニメは、子供向け作品・一般向け…

  • Earls Court アーティスト写真

    Earls Court

    Vo:キタコウジロウ Gt:コハマジュン Gt:ノギタカノブ Ba:イナバカズヨシ Dr:タカスヒロユキ 2006年8月、Gt.コハマを中心に、大学の軽音楽部の仲間を集めて結成。同年8月より下北沢、渋谷のライヴハウスを中心に活動。 2008年3月 自主制作音源『This is a moment』、9月『People on the Floor/SIDE HERE 』発売。12月 『People on the Floor/SIDE THERE 』発売 リリースに併せ東名阪、…

  • 赤い公園 アーティスト写真

    赤い公園

    藤本ひかり Ba. 1992.10.31 佐藤千明 Vo. & Key. 1993.01.14 歌川菜穂 Dr. 1992.08.28 津野米咲 Gt. 1991.10.02 女子4人によるPOP ROCK BAND★2010年1月結成。 圧倒的なライブパフォーマンスは必見!…

  • Lisa Loeb アーティスト写真

    Lisa Loeb

    リサ・ローブ(Lisa Loeb、1968年3月11日 -)は、アメリカのシンガーソングライター。 アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身。1994年公開の映画『リアリティ・バイツ』(ベン・スティラー監督)のサウンドトラックに、同映画に主演の俳優イーサン・ホークと友人だったという縁がきっかけで、自身の曲「ステイ」が収録される。これをきっかけにして同曲が大ヒット、当時レコード会社未契約であったにもかかわらず、ビルボードシングルチャートで1位を記録するという史上初の快挙を成し遂げる…

  • 加藤和樹 アーティスト写真

    加藤和樹

    加藤 和樹(かとう かずき、1984年10月7日 - )は日本の歌手・俳優である。所属事務所はSRプロモーション、所属レコード会社はポニーキャニオン。 愛知県名古屋市出身。名古屋市立富田高等学校卒業。身長181cm。体重65kg。血液型A型。 2006年の『仮面ライダーカブト』、翌2007年の『ホタルノヒカリ』出演によって、広く知られるようになる。 2002年に開催された第15回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに出場し、ファイナリストに残ったことがきっかけで芸能界デ…

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー