影山ヒロノブ

ジャンル:
影山ヒロノブ プロフィール画像

影山ヒロノブのバイオグラフィー

影山ヒロノブ

生年月日: 1961年2月18日
出身地: 大阪府大阪市
血液型: A型
趣 味: スキ−・野球・ジョギング・ギター収集など

影山 ヒロノブ(かげやま ひろのぶ、1961年2月18日 - )は大阪市東住吉区南田辺出身のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家で、血液型はA型。本名及びレイジー時代の旧芸名は景山 浩宣(読み同じ)。作詞や作曲の際に山景 宣浩の名を使用したこともある。愛称影ちゃん。他にJAM Projectのメンバーとしての愛称に長老がある。また、「アニソンのプリンス」の異名を持つ。

「SOLID VOX」代表取締役 兼 所属アーティスト。「浪花のアニソンシンガー」としても有名。
実家は理髪店。16歳のときに小学校の同級生だった高崎晃らとバンド・レイジーを結成(ボーカル担当。愛称はミッシェル)。朝日放送「ハロー・ヤング」に出演、司会のかまやつひろしに認められてバンド全員で上京し、1977年に和製ベイシティローラーズの触れ込みでプロデビューする。ヒット曲『赤頭巾ちゃん御用心』を出すものの1981年5月にレイジーが解散。同年10月、現在の芸名で徳間音楽工業からソロデビュー。

1985年に日本コロムビアに移籍した際、「KAGE」名義にて、『電撃戦隊チェンジマン』の主題歌を歌ったことがきっかけで、オリジナル作品以外にアニメ・特撮の主題歌も歌うようになる。どちらかと言えばアニソン歌手としては後発だったが、1989年に歌ったアニメ『ドラゴンボールZ』のオープニング曲「CHA-LA HEAD-CHA-LA」では130万枚のセールス[1]を記録、1991年の『鳥人戦隊ジェットマン』ではゴールドディスク大賞「アルバム賞学芸部門」も受賞するなど、一気にその知名度を高めた。なお、同時期に発表したオリジナルシングル「好き好き好き」も40万枚以上[2]のセールスを記録している。その名実とともにアニソン帝王の座に君臨。

後にレイジーメンバーの井上俊次が設立したレコード会社ランティスへ移籍(専属ではない)、JAM Projectのリーダーとして活躍する。

その他の活動

その他、以下に挙げるような、多彩な活動を展開している。

「アコギな一人旅だぜ」と称する、全国を回るアコギライブ活動(註:アコギ=アコースティックギター)
遠藤正明とのコンビ「鋼鉄兄弟」で「鋼鉄1号」を演じた。
1998年に再結成したレイジーとしての活動
テレビではCS、キッズステーションにて放送中のアニソン番組、『アニぱら音楽館』の司会を担当
その中でJAM Projectのメンバーでもある遠藤正明ときただにひろしと共にMANGATRIOとしても活動
声優・野川さくらの音楽活動のプロデュース(野川のライブにもゲスト出演する事もあり)※2007年8月発売の5thアルバムにはプロデュースには関わらないとの声明を自らの公式サイトの日記で発表した(初プロデューサー業を務めた事に対する一区切りの意味も込めたものになっている)。なお、楽曲の一部には参加している。
2002年に須藤賢一・河野陽吾・栗山善親と共にTRY FORCEを結成(主にランティスが関わるアニメ作品の主題歌やBGMを担当)
ラジオ番組のパーソナリティー(最近ではランティス提供番組に出演例あり)
『牙狼<GARO>』への声優としての出演(水木一郎、鈴木真仁と共にパーソナリティーを務めた『ラジオ・スーパーロボット魂』内のラジオドラマでも声優経験あり)
2003、2004、2005、2007年にはブラジルのアニメフレンズというアニメイベントに参加した。
2006年にはスペイン、韓国などでイベント参加やライヴを行い、全世界を股にかけて活動を展開している。
2007年5月には台湾、10月には韓国で遠藤正明とともにライヴを行った。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー