松たか子

ジャンル:
松たか子 プロフィール画像

松たか子のバイオグラフィー

松 たか子(まつ たかこ、1977年6月10日 ‐ )は、日本の女優、歌手である。本名は佐橋 隆子(さはし たかこ、旧姓:藤間)。
また日本舞踊松本流名取、初代松本幸華(まつもと こうか)の名も持つ。日本アカデミー賞優秀主演女優賞、優秀助演女優賞を受賞するなど日本を代表する女優として知られる。
歌舞伎俳優・9代目松本幸四郎は父、女優の松本紀保は姉、歌舞伎俳優の7代目市川染五郎は兄にあたる。夫はミュージシャンの佐橋佳幸。芸能事務所パパドゥに所属している。

9代目松本幸四郎と藤間紀子の末子として東京都に生まれる。白百合学園中学校・高等学校から、芸能活動のため堀越高等学校に転校し、卒業。亜細亜大学中退。

白百合学園小学校・中学校時代の同級生に宝塚歌劇団81期生の妃里梨江がいる。

16歳だった1993年に、歌舞伎座の『人情噺文七元結』で初舞台を踏む。
翌1994年にはNHK大河ドラマ『花の乱』でテレビドラマに初出演。
1995年には同局のドラマ『藏』で主演し、以降、テレビドラマ・舞台等で女優としてのキャリアを重ねる。

1996年の『ロングバケーション』、1997年の『ラブジェネレーション』、そして2001年の『HERO』と、フジテレビ系列の月9ドラマに出演、SMAPの木村拓哉と共演することが多く、その度に女優としての知名度を顕著に上げていった。

1996年には、史上最年少の19歳でNHKの『第47回NHK紅白歌合戦』の紅組司会に抜擢され、初の紅白司会を務める。

1997年には歌手としてもデビューし、同年末の『第48回NHK紅白歌合戦』には今度は歌手として出場を果たす。
以後も女優業と並行しながら、歌手としての活動も精力的にこなし、2009年までにシングル21枚、アルバム12枚を発表、全国コンサートツアーも3度行っている。

2007年にミュージシャンの佐橋佳幸と結婚。

歌舞伎や新派、また父松本幸四郎が主演するミュージカルに出演し、蜷川幸雄演出『ハムレット』で初めて外部の舞台を経験、以後、多くの劇作家・演出家から舞台女優としての力量を認められ、野田秀樹、串田和美の作品では主役に抜擢される。
三谷幸喜の群像劇では重要な役に配役されるほか、『嵐が丘』『おはつ』などの商業演劇でも主演している。
父の松本幸四郎は「野田秀樹らに演出された主演女優が、自分のミュージカルに出てくれるとは光栄だ」とおどけてコメントした。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー