森山直太朗

ジャンル:
森山直太朗 プロフィール画像

森山直太朗のバイオグラフィー

森山直太朗(もりやまなおたろう)プロフィール

1976年4月23日東京生まれ。
少年時代より一貫してサッカーに情熱を傾ける日々を送るが、大学時代より
本格的にギターを持ち、楽曲作りを開始。
その後、ストリート・パフォーマンスおよびライブ・ハウスでのライブ活動を展開。
2001年3月インディーズ・レーベルより“直太朗”名義で、アルバム『直太朗』を発表。
2002年10月、ミニ・アルバム『乾いた歌は魚の餌にちょうどいい』でメジャー・
デビューを果たし、翌2003年『さくら(独唱)』の大ヒットで叙情的な詩の世界と
その独自な歌声が注目を集めた。
その後もコンスタントにリリースとライブ活動を展開。2005年には、従来の
コンサートで垣間見せたシアトリカルな要素を高めた音楽劇での劇場公演
『森の人』を成功させ、2006年には楽曲の共作者でもある詩人、御従町凧の
作・演出による演劇舞台『なにげないもの』に役者として出演して好評を博すなど、
表現活動は音楽だけにとどまらない。
2008年3月、3rdフル・アルバム『諸君!!』をリリース。中孝介氏に書き下ろした
『花』のセルフ・カバーを含む本作は、等身大の森山直太朗らしさが色濃く投影さ
れた作品となっている。

公式サイトより