椿屋四重奏

ジャンル:
椿屋四重奏 プロフィール画像

椿屋四重奏のバイオグラフィー

椿屋四重奏(つばきやしじゅうそう)は、2000年に結成された日本の3人組ロックバンド。

メンバー
中田裕二(なかだ ゆうじ、1981年(昭和56年)4月17日 - )
ボーカル、ギター担当。血液型はB型。
影響を受けたアーティストにCHAGE and ASKA 、安全地帯 、The Yellow Monkey 、ORIGINAL LOVE を挙げている。
永田貴樹(ながた たかしげ、1982年(昭和57年)2月8日 - )
ベース担当。血液型はA型。
小寺良太(こでら りょうた、1976年(昭和51年)3月28日 - )
ドラムス担当。血液型はA型。

元メンバー
安高拓郎(やすたか たくろう、1976年(昭和51年)3月3日 - )
ギター担当。血液型はO型。元Crash In Antwarp。

来歴
2000年
宮城県仙台市にて結成。
2002年
11月に中田、永田、小寺の3人編成となる。
2003年
1st Mini Album「椿屋四重奏」でデビュー。アルバム全体にみなぎる初期衝動と鋭角的なサウンド、そして艶やかに非日常を歌う世界観が巷で話題を集め、その名を一躍全国に轟かす。
2004年
1st Full Album「深紅なる肖像」発売。他の追随を許さぬハードでドラマティックな激情サウンドをこの時点で確立させる。各地でワンマンも行い、「ROCK IN JAPAN FES」をはじめ全国のフェス/イベントにも出演。
2005年
1st Single「紫陽花/螺旋階段」発売。地上波の音楽番組にも出演を果たす。9月には2nd Full Album「薔薇とダイアモンド」発売。第一期・椿屋四重奏を総括した本作では、これまでの持ち味を存分に発揮すると共に新機軸も打ち出し、そのスケールの大きさは改めて各方面から非常に高い評価を得た。
2006年
サポートメンバーであった安高拓郎が正式加入。結成以来、遂に四重奏が揃う。
2007年
3年間のインディーズ活動を経て、Single「LOVER」でメジャーデビュー。
2008年
前作より2年半ぶりとなるメジャー1st Album「TOKYO CITY RHAPSODY」を発売する。更に進化&深化した椿屋サウンドとポピュラリティーが見事に結実した作品となる。
8月には映画の主題歌となった「アンブレラ」を配信限定でリリース。
2009年
2nd Album 「CARNIVAL」を発売。
2010年
安高が音楽的な方向性の違いにより脱退。
2011年1月11日
オフィシャルHPにて解散を発表。