水樹奈々

ジャンル:アニメ
水樹奈々 プロフィール画像

水樹奈々のiTunes Store人気曲

水樹奈々のバイオグラフィー

水樹 奈々(みずき なな、1980年1月21日 - )は、愛媛県新居浜市出身の女性声優、歌手。シグマ・セブン所属(レコード会社はキングレコードVC制作部所属)。泉川小学校、泉川中学校を経て堀越学園堀越高校卒業。血液型はO型、身長153cm。本名は近藤 奈々(こんどう なな)。代表作には『シスター・プリンセス』の亞里亞、『NARUTO -ナルト-』の日向ヒナタ、『魔法少女リリカルなのは』シリーズのフェイト・テスタロッサ、『みなみけ』シリーズの南冬馬、『ハートキャッチプリキュア!』の花咲つぼみ/キュアブロッサムなど。

幼い頃より両親の歌謡教室で歌やピアノを学んでいた為、地元ののど自慢大会荒らしと呼ばれるほどだった。そして、せとうちのど自慢10周年記念全国大会でのグランドチャンピオン(優勝)がきっかけで、審査員の目に留まりスカウトされ上京することになった。ちなみにそのスカウトに(歌手としてスカウトされたはずなのに)「声優に興味があるか」と聞かれている(文化放送『超機動放送アニゲマスター』で本人談)。

上京後に堀越高校芸能活動コースへ入学。KinKi Kidsの堂本剛や女優のともさかりえと同級生だった。在籍時には、代々木アニメーション学院声優科にも並行して通って学業と両立させ、卒業時に全コースから学業優秀・品行方正の卒業生1人に贈られる堀越賞を芸能コースから草彅剛以来史上2人目に受賞した。

1998年、プレイステーション用ゲームソフト『NOëL 〜La neige〜』の門倉千紗都役で声優デビュー。
歌手「水樹奈々」名義での公式なデビューは、2000年12月6日発売の「想い」。それ以前はパイオニアLDC(現ジェネオンエンターテインメント)に所属していたが、楽曲は2枚のアルバムに何曲か収録されているだけで、CD未収録曲もある。

2001年、アニメ『七人のナナ』で、声優の秋田まどか・浅木舞・中原麻衣・名塚佳織・福井裕佳梨・桃森すももとともにnana×nanaというユニットを結成し、その主題歌を歌った。
その後、『ESアワー ラジヲのおじかん』の企画でセルフプロデュースを行う際、奥井雅美に楽曲作成を依頼したことをきっかけに矢吹俊郎と出会い、5thシングル「POWER GATE」以降は彼のプロデュースを受けることとなる。以降、基本的には矢吹が関係しつつ、上松範康などElements Garden所属の音楽家をはじめとした作曲家からも楽曲提供を受けている。

演歌歌手を志しているため、大規模ホールでライブを開催出来る程の歌手になっても「新宿コマ劇場での歌謡ショー開催」の夢を持ち続けていた。また尊敬する人として美空ひばりを挙げている。しかし、その志に反し演歌歌手とは異なる方向で大活躍するようになる。

楽曲は水樹奈々本人が作詞・作曲することもある。
その作詞は特徴的で、表記と読みが異なる歌詞が多くの楽曲で登場する。
歌詞:現実・運命・自分 読み:いま      (該当楽曲:多数)
歌詞:Diamond Dust  読み:天使の囁き (該当楽曲:SECRET AMBITION)


# 2005年1月2日、日本武道館で初公演。
# 2005年10月、12thシングル「ETERNAL BLAZE」でオリコン2位を獲得。2006年1月、ミュージッククリップ集「NANA CLIPS 3」で音楽DVD部門第1位を獲得。いずれも声優として最高位。
# 2007年3月、第1回声優アワードにて歌唱賞を「Justice to Believe」で受賞。
# 2008年10月、新宿コマ劇場にて「新宿コマ劇場座長公演 水樹奈々 大いに唄う」を開催。
# 2009年1月、「深愛」でオリコンデイリー1位を獲得。
# 2009年6月、アルバム「ULTIMATE DIAMOND」でオリコンウィークリー1位を獲得。
# 2009年7月、西武ドームでの単発コンサート「NANA MIZUKI LIVE DIAMOND 2009」で観客3万人を動員。
# 2009年12月、第60回NHK紅白歌合戦に出場。
# 2010年1月、21stシングル「PHAMTOM MINDS」でオリコンウィークリー1位を獲得。声優として史上初。2週連続TOP5入り。
# 2010年12月、第61回NHK紅白歌合戦に二年連続出場。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー