氷室京介

ジャンル:
氷室京介 プロフィール画像

氷室京介のバイオグラフィー

氷室 京介(ひむろ きょうすけ、1960年10月7日 - )は、日本のロックボーカリスト。
群馬県高崎市出身。所属事務所はBeat Nix。ロサンゼルス在住。


1982年、氷室狂介の名前で、ロックバンド・BOØWYのヴォーカリストとして、アルバム『MORAL』でデビュー。
氷室京介へ改名後、BOØWYが知名度、人気共に絶頂期にありながら1987年に解散。

1988年、シングル『ANGEL』でソロデビュー。同年オリコン年間順位8位となった。

1994年、ロサンゼルスに創作拠点を置いて以後、マスメディアへの露出は更に減った。
ロサンゼルスという環境を生かして、外国人エンジニア、アーティスト、ミュージシャン等に自らオファーをし、自らをプロデュースするという形をとっている。また、クロムハーツとコラボレートするなど、ファッションにもこだわりを見せている。

趣味は、ライカでの写真撮影。好きな写真家は、アンリ・カルティエ・ブレッソンなど。


デヴィッド・ボウイ、エルヴィス・コステロなどの影響をうけている。また、1990年代以降のロックの潮流であるオルタナティブ・ロックも最近の彼の音楽性に影響を与えている。


作詞に関しては、初期は松井五郎が主だったが、最近では森雪之丞の起用が目立つ。
自分で作詞をしなくなったのは、BOØWYのアルバム『MORAL』収録曲の「SCHOOL OUT」の詞の内容に影響された若者が「あなたの言うとおり学校を中退した」などとする内容の手紙が送られてくるなど、自身の歌詞の影響力について深く知ったため、と述べている。


2011年6月11日、12日に東京ドームで行われた復興支援チャリティ公演において、氷室が元メンバーに無断で全編にわたってBOØWYの楽曲を演奏した。
高橋が氷室にエールを贈ったものの、松井は氷室のアクションを高く評価しつつ、「こんな時だからこそ再び4人で手を握り合い、協力すべきだ」「残念でならない」とコメント。
布袋も自身のブログ上で「再結成を望む気持ちは皆さんと同じでした」と述べた上で、「そして同時に自分の中で踏ん切りがつきました」と、今後の再結成も非現実的であることを伝えた。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー