浜崎あゆみ

ジャンル:
浜崎あゆみ プロフィール画像

浜崎あゆみのバイオグラフィー

浜崎 あゆみ(はまさき あゆみ、1978年10月2日 - )は日本の女性歌手である。福岡県福岡市出身。福岡市立原中学校卒業。堀越高等学校中退。 愛称は「あゆ」や「ayu」など。芸能事務所・所属レコード会社はエイベックス・エンタテインメント。血液型はA型。

歌手デビュー後のオリジナル楽曲は全て自身で作詞しており、歌詞の中に『私(わたし、あたし)』以外に『僕(ぼく)』を多く使い、複数を指す『~達』、『~ら』が多いことが特徴。 また、『CREA』名義として、作曲を手がけたこともある。

小型犬が好きでチワワ、ダックスフントなどを飼っている。仕事場に連れてくるのはもちろん、ライブツアーのMC中にステージに登場することもあった。
歌手デビュー前にボイストレーニングのために渡米しているが、デビュー当時は英語は不得意だとコメントしていたため、ほとんどの歌詞は日本語であったが、2002年以降は英語詞を含めた楽曲も多く発表している。

経歴

10代前半から福岡の事務所に所属、当時は「浜崎くるみ」の芸名で福岡中央銀行のポスタ-など地元商業広告のモデル活動を行っていた。
現サンミュージック事務所へ移籍後、1993年4月、テレビドラマ『ツインズ教師』で女優としてデビュー。
1994年、芸名を「浜﨑あゆみ」(『崎』の異体字である『﨑』)に改名し、テレビドラマや映画などに出演していた。音楽バラエティ番組で歌を披露することはあったが、アイドル色が強い活動であった。
アイドル活動中に松浦勝人と知り合い、1996年末にサンミュージックとの契約が切れた後に本格的に歌手を目指すことになり、ボイストレーニングのためニューヨークへ渡った。

1998年4月8日発売の1stシングル『poker face』で「浜崎あゆみ」としてデビュー、オリコン最高位20位。8月5日発売の3rdシングル『Trust』では初TOP10入りを果たす。

1999年 1月1日発売の1stアルバム『A Song for ××』でオリコンチャート1位を初獲得。約150万枚を売り上げた。4月14日発売の7thシングル『LOVE ~Destiny~ / LOVE ~since1999~』でシングル初のオリコンチャート1位を獲得。 8月11日発売の10thシングル『A』が初のミリオンセラーとなり、前作の『Boys & Girls』も遅れてミリオンセラーとなった。この年NHK紅白歌合戦に初出場。

2000年夏には初めてのコンサートツアーに挑むも、左耳の疾患(内耳性突発難聴)により一部公演を延期。
11月、全日本有線放送大賞でグランプリを受賞。以降、2001年と2002年のALL JAPANリクエストアワード、2003年のベストヒット歌謡祭でもグランプリを受賞し、4連覇を達成している。12月13日発売の19thシングル『M』では初の作曲を手がけ(『CREA』名義)、ミリオンセラーを記録する。

2001年3月28日、ベストアルバム『A BEST』を発売。

2002年 歌手デビュー以降初めて女優業、タレント業を行う。10月12日、初のレギュラー、総合司会を務める番組「ayu ready?」がスタートした。

2004年 3月20日、「ayu ready?」の放送が終了。この頃からそれまでのCMキャラクターの多くを降板し、歌手業に専念している。
7月28日、エイベックスを退社した松浦勝人が立ち上げる予定の新会社に移籍する考えを明らかにし問題となった。松浦の復帰によりそれは免れたが、このお家騒動を理由に同年の日本レコード大賞などを辞退し、以後賞レースからは距離を置く様になる。

2005年、11月30日発売の38thシングル『Bold & Delicious/Pride』では累計15万枚程度にまでセールスを落とした。

2007年2月28日、『A BEST 2 -BLACK-』、『A BEST 2 WHITE-』が発売。

2008年1月4日、自身のファンクラブのブログにおいて、以前から抱えていた左耳の疾患(内耳性突発難聴)が悪化し「治療の術はない」と、左耳の聴覚が失われもう治らなくなったことを告白。しかし、右耳の聴覚は健常であり、ツアーに関しては通常通り行われた。

2011年1月1日、カウントダウンライブ終了直後、ファンクラブのブログにて、ミュージックビデオで共演したオーストリア出身のモデル・俳優のマニュエル・シュワルツと結婚することを発表。

2012年1月16日、ファンクラブのブログにて離婚を発表。