矢野顕子

ジャンル:J-Pop
矢野顕子 プロフィール画像

矢野顕子のiTunes Store人気曲

矢野顕子のバイオグラフィー

青森市で過ごした幼少時よりピアノを始める。

青山学院高等部在学中よりジャズクラブ等で演奏、1972年 頃よりティンパン・アレイ系のセッションメンバーとして活動を始め、ニューミュージック黎明期の欠かせない顔となる。

1976年、ローウェル・ジョージをはじめリトル・フィートのメンバーと共にLAにてレコーディングを行った「JAPANESE GIRL」でソロデビュー。「天才少女現わる」と話題を呼ぶ。

1979-80年、YMOの2度のワールドツアーにサポートメンバーとして同行。1981年、シングル「春咲小紅」が大ヒット。

以後も、普遍的な「愛」をテーマに、神出鬼没のピアノ弾き語り「出前コンサート」、児童詩・童謡とのジョイントや、ジャズ・ロックからクラシックまでの幅広いミュージシャン達との交流を持ち、ポップスのフィールドに居ながらも常にジャンルにとらわれない自由・ユニークで質の高い活動を続け、評価を得ている。若い世代のミュージシャンからの支持も多い。

 1990年、ニューヨーク州へ移住。音楽制作の拠点をマンハッタンに移した後は、トーマス・ドルビー、パット・メセニー、チーフタンズをはじめとした、世界的なアーティストとの共同制作を行う。

また、アメリカではNonesuch recordからボブ・ハーウイッツとジョン・ゾーンの選曲によるコンピレーションアルバム「AKIKO YANO」(90年) をはじめとし、「LOVE LIFE」 (93年)、「PIANO NIGHTLY」(96年)の3枚をリリースした。

日本では現在までに27枚のオリジナルアルバムを発表。

他に、ベストアルバム「ひとつだけ」(96年)、「ピヤノアキコ。」(03年)、30周年記念ミニアルバム「はじめてのやのあきこ」(06年)も発表。また大貫妙子、奥田民生、鈴木慶一、宮沢和史らと敢行したツアーのライブ盤「LIVE Beautiful Songs」、音楽を手がけたスタジオジブリのアニメ映画「ホーホケキョとなりの山田くん」サウンドトラック盤などがある。

また、客演録音としては、パット・メセニー/Secret Story、チーフタンズ/Tears of Stone 等。この他に1992年、弾き語りアルバムのレコーディングを記 録したドキュメンタリー映画「SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。」がある。

公演活動は、アメリカではニューヨーク・パブリックシアター内のジョーズ・パブで定期的に公演を行っており、また日本では毎年秋の帰国コンサートを定例化し「さとがえるコンサート」と名付けて続けられている。1998年からは渡米に伴い中断されていた「出前コンサート」を再開、2001年には「ヤノ・ラボ」と題されたピアノの弾き語りコンサートを日替わりのゲストを迎えて開催。最近では、2004年にジャニス・シーゲルのゲスト演奏者としてブルーノート・ニューヨークに出演し、ブルーノート東京では矢野顕子トリオとして、2003年から毎年コンサートを行っている。(ベース:アンソニー・ジャクソン、ドラムス:クリフ・アーモンド)。野外フェスティバルへの出演もここ数年、夏の活動として定着している。

2005年にははじめての、絵本「しょうぼうていハーヴィ ニューヨークをまもる」の翻訳、web fanclub 「the gathering」の発足、2006年ジブリ美術館内映画への声での出演、さらには2008年公開予定の「崖の上のポニョ」にも声優として出演他、数々のCM音楽への参加など、デビュー30周年をこえてますます、新しい活動にも積極的である。

2007年にはエレクトロニカ系ミュージシャン、レイ・ハラカミとのコラボレーションであるyanokamiとしてのデビューも果たした。2008年にはデビューアルバム「yanokami」の英語盤「yanokamick」をリリースし、シンガポールのモザイク・ミュージック・フェスティバルに参加した。

2008年秋には、JAPANESE GIRL時代から矢野のファンであったT ボーン・バーネットのプロデュース製作(主にLAでレコーディング)による、27枚目のオリジナルアルバム「akiko」がリリースされた。

矢野顕子と同じジャンルのアーティスト

  • The Girl アーティスト写真

    The Girl

    日暮愛葉の新バンド、THE GIRL待望のデビュー。 友人のベーシスト林束紗(scarlet/hinto)とドラマーおかもとなおこ(つばき)からなる3人組ガールズ・ロックバンドです。Seagull screaming kiss her kiss herを思わせるシンプルでキッチュなガレージロックンロールが全開。スリーピースの編成ならではの必要最小限に削ぎ落とされた音数、エッジの効いた音像に愛葉節とも言えるニューウェイブな風情は健在。また3人ともコーラスを取れるのがこのバンド…

  • FOX LOCO PHANTOM アーティスト写真

    FOX LOCO PHANTOM

    LtoR Dr. Takehiko”ANDREW”aiba / 相羽毅彦… 出身地 千葉県 誕生日 十月十七日 (カラオケ文化の日) Gu. Yoshii Izumida / 泉田吉伊… 出身地 福島県 誕生日 二月一日 (テレビ放送記念日) Vo. Tatsuyoshi Yoda / 依田達義… 出身地 東京都 誕生日 三月一日 (労働組合法執行記念日) Ba. Hideo Nekota / 猫田ヒデヲ… 出身地 広島県 誕生日 一月一日 (元旦) Gu. R…

  • 白鳥マイカ アーティスト写真

    白鳥マイカ

    1976年9月25日、東京都生まれ。 高校を卒業したのち、イギリスへ留学。ロンドンの音楽学校に入学し、ギターを専攻する。 帰国後、作品づくりを開始。音楽事務所にデモテープを送り、以後2年間本格的に楽曲制作に取り掛かる。 ライブハウスでの一年間の修行ののち、2001年11月「Shelter」でデビュー。当時は「和製フィオナ・アップル」と称されていた。母は、トワ・エ・モワの白鳥英美子である。…

  • SEBASTIAN X アーティスト写真

    SEBASTIAN X

    永原真夏 VOCAL 飯田裕 BASS 沖山良太 DRUMS 工藤歩里 KEYBOARD SEBASTIAN X(セバスチャン・エックス) 08年2月結成の男女4人組。08年6月初ライブを行なう。その後ハイペースなライブ活動を展開。 08年8月に完全自主制作盤『LIFE VS LIFE』リリース。その後、09年11月6日に初の全国流通盤となる『ワンダフル・ワールド』をリリース。 新世代的な独特の切り口と文学性が魅力の Vo.永原真夏の歌詞と、ギターレスとは思えない…

  • THE BACK HORN アーティスト写真

    THE BACK HORN

    THE BACK HORN(ザ・バックホーン)は日本のロックバンド。 ラウド、ハードコア、童謡、パンク、和、オルタナ、グランジ、 ブルース、レゲエ、スカ、ダブ、などのジャンルの音楽を取り入れ、 歌を生かした楽曲を製作している。 バンド名の由来は、 リーダーである松田が建設作業機器の バックホー(ショベルカーのこと)を読み間違えたことから。 角や管楽器のホーンではない。 「バックホーン」と「爆音」(ばくおん)をかけているとも言われる。 結成当初は「魚雷」という…

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー