石川さゆり

ジャンル:演歌
石川さゆり プロフィール画像

石川さゆりのiTunes Store人気曲

石川さゆりのバイオグラフィー

石川 さゆり(いしかわ さゆり、1958年1月30日 - )は、熊本県飽託郡飽田村(現・熊本市)出身の演歌歌手。本名・石川 絹代。堀越高等学校卒業。

来歴

1973年3月25日、「かくれんぼ」でアイドル歌手として日本コロムビアよりデビュー。しかしデビューから暫くは花の中三トリオなどの影に隠れて、人気を得るには至らなかった。

それから4年後の1977年に「津軽海峡・冬景色」が大ヒットとなり、日本レコード大賞歌唱賞など、数々の音楽賞を受賞した。また同1977年の「能登半島」「暖流」もヒット曲となる。その後も「天城越え」「夫婦善哉」「滝の白糸」「風の盆恋歌」など順調にヒット曲を世に送り出し、日本を代表する女性演歌歌手の一人となった。2007年までにNHK『紅白歌合戦』に30回出場している。

1981年、元マネージャーの馬場憲治と結婚。1984年2月に長女を出産、1989年2月に離婚。石川は「私は平成に入って最初に離婚した芸能人」と明るく語っている。

ホリプロに所属していたが、後に独立し、個人事務所「さゆり音楽舎」を設立。レコード会社は、デビューから20年間日本コロムビアに所属したが、1993年にポニーキャニオンへ移籍。1999年、ポニーキャニオンの演歌部門撤退に伴い、2000年にテイチクエンタテインメントへ移籍し現在に至る。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー