竹内まりや

ジャンル:J-Pop
竹内まりや プロフィール画像

竹内まりやのiTunes Store人気曲

竹内まりやのバイオグラフィー

竹内 まりや(たけうち まりや、1955年3月20日 - )は、島根県出雲市大社町出身のシンガーソングライター。
自称「シンガーソング専業主婦」。
本名、山下 まりや(旧姓:竹内)。夫は山下達郎で、間に一女がある。
デビューがアイドル不在の時期と重なったため、当初はアイドル歌手のような役割を担わされた。血液型はA型。

元大社町長で出雲大社近くの老舗温泉旅館「竹野屋」主人・竹内繁蔵の娘。
世界で通じるようにとの父の考えから「まりや」と名付けられる。

島根県立大社高等学校在学中に、アメリカ・イリノイ州ロックフォールズ(Rock Falls)高校に1年間留学。この留学は、AFS(高校生の交換留学団体)の交換留学制度で行ったものである。

慶應義塾大学文学部に進学する。
在学中に音楽活動(杉真理の所属する「ピープル」旧リアル・マッコイズ)を始める。

このサークルで竹内は鈴木慶一の従妹の宮悦子、現在は料亭で女将業の中山ゆき子らとともにバックコーラスグループもやっていた。

このサークルは第8回ポプコン関東・甲信越大会(1974年9月7日中野サンプラザ)に「踊りに行こう」という曲で参加しているが、同大会には別グループとして佐野元春(バックレイン元春セクション)、庄野真代、桐ヶ谷仁(フェードイン。現在は松任谷正隆の経営する音楽学校講師)も参加していた。

1978年にシングル『戻っておいで・私の時間』、アルバム『BEGINNING』でデビュー。
英文科に進んだが、厳しいことで有名な唐須教光のゼミと音楽活動の両立ができなくなり中退。
のち、1979年のシングル『SEPTEMBER』、1980年のシングル『不思議なピーチパイ』などがヒットする。

デビュー当初は、安井かずみ・加藤和彦夫妻や松本隆などが提供するアイドルソング的な歌を歌わされていたが、これに飽き足らず間もなく自ら作詞・作曲を手がけるようになった。

この頃アレンジャーとして彼女の前に登場したのが、後に公私共に良きパートナーとなる山下達郎である
(もっとも、デビュー以前からまりやはシュガー・ベイブや達郎のライブを見に行っていたと語っており、特に自らのデビューライブ直前に見た達郎のライブには大きなインパクトを受けたという)。

竹内まりやの結婚前の作品は、山下達郎をはじめ、加藤和彦、細野晴臣、告井延隆(センチメンタル・シティ・ロマンス/)、[artist]大貫妙子、林哲司、伊藤銀次、杉真理、安部恭弘、浜田金吾(濱田金吾)といった錚々たる作家が提供し、作品の質は極めて高い。

1981年、彼女のルックスが非常に良いことが災いしてアイドル的な活動を要求されることと自身の希望する活動とのギャップから一時休業を宣言、その後1982年に山下達郎と結婚。
同時に専業作詞作曲家として活動を開始し、河合奈保子の『けんかをやめて』などのヒットを放つ。

しかし、1982年に山下達郎が自身のレコード会社ALFA MOONを設立したことから「記念に一枚」のつもりで、1984年にシングル『もう一度』、そして全曲を彼女自身が作詞・作曲したアルバム『VARIETY』をリリース。
ちなみにこのアルバムの構想段階では、以前のように外部作家を起用して制作する予定であったが、休業中に彼女が書きためたオリジナル曲のクオリティの高さに山下達郎が大いに驚き、結果、全曲を自作曲のアルバムとしてリリースすることとなった。

当時は歌手としては既に忘れられた存在でありながら、最終的には30万枚以上の大ヒットになった。
その後は育児との両立が難しいこともあり、ライブ活動からは退いたものの、アレンジャー・プロデューサーを務める夫のサポートを受けながら、シンガーソングライターとして活動を続け、3年間のロングセールスを記録したアルバム『REQUEST』(1987年)や、シングル『駅』(1987年)、シングル『シングル・アゲイン』(1989年)、シングル『告白』(1990年)、シングル『家(うち)に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)』(1992年)などのヒット作をリリース。
1992年にはアルバム『Quiet Life』が発売と同時にミリオン・セラーとなり、1994年のベストアルバム『Impressions』は売上300万枚を超える大ヒットを記録。

作詞・作曲家としては薬師丸ひろ子の『元気を出して』(1984年、のちに島谷ひとみも2003年に同曲を歌った)、牧瀬里穂「Miracle Love」広末涼子の『MajiでKoiする5秒前』(1997年)など、多くのヒット作を生んだ。

90年代初め、中国系の歌手・林羽萍(Lín Yŭpíng,英語名 Jessica)がアルバム『久別重逢』の中で『元気を出して』を『清醒之後』としてカバーしている。中国詞は「王中言」で、作曲者は本来「竹内まりや」とすべきところが「熊天龍」という全く違う名前になっている。

2000年7月、約18年ぶりの本格的なライブ(それ以前にも縁故のあるミュージシャンのライブのサプライズゲストに登場し数曲洋楽カヴァーを歌うことはあった)を東京・大阪で行う(ライブ・アルバム『Souvenir〜Mariya Takeuchi Live』収録)。
その後もアルバム『Bon Appetit!』(2001年)、カヴァーアルバム『Longtime Favorites』(2003年)などをリリース。
2004年には夫のシングル『忘れないで』の作詞を担当など、マイペースながらも着実に活動を続けている。

子育てや夫・達郎の作品制作が一段落したことから2006年からリリースを積極的に行うようになり、2007年には6年ぶりにオリジナルアルバム『Denim』を発表。
『Denim』はオリコンチャート1位入りを果たし、現在でも根強い人気を保っていることを証明した。

楽曲は、OLの何気ない日常に焦点を当てた歌などが多いが、本人がやや自嘲気味に言っているように不倫を題材にした曲も多い(なお達郎の書いた『Impressions』収録の『マンハッタン・キス』の解説によれば、『本人はあくまでもアンチ不倫派であるとの事。』)。
竹内の作品でこの不倫ソング路線が本格的に現れたのは、中森明菜の1986年のアルバム『CRIMSON』のテーマに沿う形で提供した楽曲群においてだったが、このアルバムでの中森の非常に抑えた歌唱法に夫の達郎が公然と不満を表明し、提供した5曲中の2曲をアルバム『REQUEST』で竹内にセルフカバーさせた(さらにもう1曲のセルフカバーが『Denim』の初回特典CDに収録されている)。
これらが高評価を得たことによって、中森のために作られたイメージである“不倫”が皮肉にも竹内自身のパブリックイメージのひとつとして定着してしまうことになった。

シングル「チャンスの前髪」にはサザンオールスターズの原由子がゲストボーカルとして参加している。

2008年9月、竹内の曲のみが使われるジュークボックス・ミュージカル『本気でオンリーユー』が初演された。

デビュー30年を迎える2008年10月1日に、今までの発表曲を集大成したCD3枚組(初回のみボーナスディスク入りの4枚組)のベストアルバム『Expressions』が発売された。
このベストアルバムの選曲にあたり、公式HPにて楽曲のファン投票を行った(現在は、投票を締め切っている)。上位3曲は、以下のとおり。
(NHK「SONGS」1周年記念特番にて発表)
1位:駅
2位:人生の扉
3位:元気を出して

2008年9月29日から放送が開始された、竹内の故郷である島根県を舞台としたNHK連続テレビ小説『だんだん』では、主題歌とナレーションを担当している。
その縁で、Mr.Childrenと同様に2008年の紅白歌合戦に初登場するかと思われたが、「生放送での歌唱に難色を示した」という理由で出演は叶わなかった。

2008年10月23日には、東京国際フォーラムで開かれた作・編曲家林哲司氏の活動35周年記念のコンサートにサプライズゲストとして登場し、同氏が手がけた『September』『象牙海岸』の2曲を生披露した。

2008年12月28日、大阪フェスティバルホールで開かれた山下達郎のフェスティバルホール最後の公演に、「私も、フェスティバルホールにさよならをさせて欲しい。」との意向でアンコールのサプライズゲストとして出演。『人生の扉』 『September』を披露。またダブルアンコールで『LET IT BE ME』(山下達郎とのデュエット)も披露した。

2009年4月17日、山下達郎のコンサートツアー東京最終公演(追加公演を除く)にあたる中野サンプラザホールの公演にも、アンコールのサプライズゲストとして出演。『September』を披露し、残り2曲のコーラス隊にも参加した。
このコンサートに、ドラマ「だんだん」の縁から三倉茉奈・三倉佳奈(茉奈佳奈)やシジミジルのメンバー達を招待していた。

竹内まりやと同じジャンルのアーティスト

  • 稲垣潤一 アーティスト写真

    稲垣潤一

    1953年7月9日生まれ、仙台市出身。 中学時代から本格的なバンド活動を始める。高校卒業後、ライブハウス、ディスコ、米軍キャンプなど様々な場所でライブ活動をする中、ドラムを叩きながらのボーカルというスタイルで注目を浴び、1982年「雨のリグレット」でデビューを果たした。 「ドラマティック・レイン」(1982)や「夏のクラクション」(1983)「クリスマスキャロルの頃には」(1992) 他、数々のヒット曲で日本を代表するAORシンガーとしての地位を確立。 1983年 日本…

  • 元田恵美 アーティスト写真

    元田恵美

    元田 恵美(もとだ えみ、11月30日生 )は、香川県出身の歌手。フィックスレコード所属のアーティスト。 2000年、フィックスレコード女性ボーカルオーディションに合格。 2001年4月24日、TVアニメこみっくパーティーのオープニング曲にてデビュー。 現在Leaf等のゲームのテーマ曲を中心に活動中。 作品 CD マキシシングル 「君のままで」(アニメ・ドリームキャスト版「こみっくパーティー」オープニングソング) C/W「笑顔を見せて」(ドリームキャスト版…

  • カーネーション アーティスト写真

    カーネーション

    カーネーション(CARNATION)は、日本のロックバンド。 1980年、東京造形大学にて美大生バンド「ほのぼのレイプス」を結成。 1981年、上記のバンドを母体として直枝政太郎(現・直枝政広)が中心となり、「耳鼻咽喉科」が結成される。 1983年、12月にバンド名を「カーネーション」に改名。音楽性がポップよりになったという理由から。名前の由来は耳鼻咽喉科の曲「花の運河で溺れたい」のサビより。 1984年、ケラが興味を持ち、ナゴムレコー…

  • 大橋トリオ アーティスト写真

    大橋トリオ

    千葉県出身。大橋トリオと名乗るが、大橋好規による1人によるシンガーソングライタープロジェクト。 ピアノ/ギター/ベース/ドラムなど数多くの楽器を演奏し、作曲/アレンジ/サウンドプロデュース/ミックスまで行う音楽家。音楽のベースにはJAZZやROCK,AOR,FUNKなどなど。。ジャミロクワイやジェイミーカラムに日本のPOPSが絶妙にブレンドされたサウンド。声は、くるりやはっぴぃえんど、マイケル・フランクスに似ていると例えられる事が多いよう。 俳優・ムラジュンこと村上淳のプ…

  • Salyu アーティスト写真

    Salyu

    2000年4月、Lily Chou-Chouとして2枚のシングルをリリース。 2001年10月に彼女の歌が全編にフィーチャーされた映画 『リリイ・シュシュのすべて』(岩井俊二監督)が公開され、 そのオリジナル・アルバムとして『呼吸』をリリース。 アルバム『呼吸』収録曲の「回復する傷」がクエンティン・タランティーノ監督の 映画『KILL BILL Vol.1』に使用されるなど、様々なフィールドで現在も高い評価を得ている。 04年、Ilmari×Salyu:シン…

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー