細野晴臣

ジャンル:
細野晴臣 プロフィール画像

細野晴臣のバイオグラフィー

細野 晴臣(ほその はるおみ、1947年7月9日 - )は日本のミュージシャン。ベーシスト、シンガーソングライター、作曲家、音楽プロデューサーとして活動している。多摩美術大学美術学部芸術学科客員教授。

略歴
高校時代からフォークの洗礼を受け、ボーカルにも挑戦し始める。この頃、Bob Dylan に大きな影響を受けた。立教大学在学中にベースを始め、数多くのバンドを経た1969年、エイプリル・フールのベーシストとしてメジャーデビュー。その後、大瀧詠一、松本隆、鈴木茂とはっぴいえんどを結成し、日本語ロックの礎を築く(本人は当初反対していたという)。1973年のはっぴいえんど解散後、ソロ活動と平行して鈴木茂、林立夫、松任谷正隆とキャラメル・ママ(のちにティン・パン・アレーと改名)を結成。演奏・プロデュースチームとして多数のアーティストの楽曲に参加、荒井由実などのプロデュースも行う。

自身のソロ・アルバムでは、ファーストの『HOSONO HOUSE』(1973年)は当時埼玉県狭山のアメリカ村にあった自宅で録音を行い、その後の『トロピカル・ダンディー』(1975年)・『泰安洋行』(1976年)・『はらいそ』(1978年)と続く「トロピカル三部作」では南国・楽園志向にアプローチし、この三部作でのニューオーリンズや沖縄、ハワイ、中国などの音楽をごった煮にしたサウンドは海外の好事家からも注目されるようになる(この作品に加えて、プロデュース作品である西岡恭蔵の『ろっか・ばい・まい・べいびい』がある。名義上はプロデュースだが、実質は共作であり、「トロピカル三部作」と対をなす、あるいは補完する作品と考えられる)。漫画家の諸星大二郎のファンであり、彼の漫画のタイトルから曲名をつけたこともある。

シンセサイザー・コンピュータを用いた音楽やディスコへの興味が高まっていった1978年、元サディスティック・ミカ・バンドの高橋幸宏、当時スタジオ・ミュージシャンでもあった坂本龍一とYellow Magic Orchestra(YMO)を結成。当初は細野主体の企画もののバンドと捉えられていたが、1980年にはその活動がブームを巻き起こす。YMOの成功をきっかけにメディアにも露出するようになり、アイドル・歌謡曲界への多数の楽曲提供、新人発掘のためのレーベル「¥EN」の立ち上げなど個人としても精力的に活動を行う。また、ビデオ・ゲーム「ゼビウス」の音源をダンス・ミュージックにアレンジした『ビデオ・ゲーム・ミュージック』(1984年)をプロデュース、ゲーム・ミュージックが音楽ジャンルとして確立するきっかけをつくった。

1983年のYMO散開(解散)後は、主にプロデューサーや作曲家としての活動や映画音楽の提供(『銀河鉄道の夜』・『メゾン・ド・ヒミコ』他)などをこなしながらも、ソロアルバム発表や多くの他アーティストとのユニット(別項参照)結成など自己の音楽活動も枚挙に暇が無い。

YMO時代からの多忙と、日本のバブル崩壊以前の消費社会に対する疲弊に辟易とした後、1980年代後期にはワールド・ミュージック、1990年代にはアンビエント・ミュージックに深くアプローチし、大量消費に頼らない音楽を模索した。

近年の活動としては自身のレーベル「デイジーワールド・ディスク」を1996年に創設、2002年よりYMO時代の盟友、高橋幸宏とスケッチ・ショウ(Sketch Show)を結成しフォーキーなエレクトロニカサウンドに取り組む他、HISの再結成の話も浮上中。またスケッチ・ショウは坂本龍一ともコラボレーションしており、ライヴやコンピレーション・アルバムでは3人でhuman audio sponge(Has)として活動も行う。2007年にはHASとしてのライブ活動の他、YMOとしても「RYDEEN 79/07」を発表、さらにはHASYMOとしても「RESCUE」を発表するなど、活発な活動を行っている。

その一方で、2005年9月に狭山稲荷山公園で行われたハイド・パーク・ミュージック・フェスティバル2005では久々にヴォーカルをとって『HOSONO HOUSE』の曲を披露。以降、東京シャイネスやハリー・ホソノ・クインテットなどのユニットを結成し、カントリー&ウェスタンスタイルのライブ活動を行う。これらの活動は2007年9月に発売されたソロ・アルバム「FLYING SAUCER 1947」に結実する。また、同年4月には坂本龍一の立ち上げたレーベル「commmons」からトリビュートアルバムが発売された。

音楽家としての活動以外にも、低音が響く声が評価され、TV番組やコマーシャルのナレーターとして起用される事も多くなってきている。

ちなみに、細野晴臣の祖父である細野正文は、日本人で唯一豪華客船のタイタニック号に乗船し、事故から生還した人物である。人種的偏見も手伝い一部では「卑怯な日本人」とのレッテルを貼られてしまったが、卑怯な振る舞いをして生還したというような事実は全くなく、濡れ衣であった。このため細野自身もYMOのワールドツアーなどの際に祖父の名誉回復に努力している。

2008年3月、平成19年度芸術選奨の大衆芸能部門で文部科学大臣賞を受賞した。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー