華原朋美

ジャンル:
華原朋美 プロフィール画像

華原朋美のバイオグラフィー

華原 朋美(かはら ともみ、本名:下河原 朋美(しもがわら ともみ)、1974年8月17日 - )は、日本の女性歌手、タレント、ミュージカル女優。東京都江東区出身、千葉県浦安市育ち。身長156cm。体重44kg。血液型A型。獅子座。愛称は「朋ちゃん」。
代表曲にミリオンヒットとなった「I'm proud」「I BELIEVE」「Hate tell a lie」など。かつてのプロデューサー・小室哲哉に「愛を歌うことが出来る人」と称された。
現在、芸能活動は休業中。

1995年9月、小室哲哉が立ち上げたパイオニアLDC内の新レーベル・ORUMOK RECORDSの第一弾アーティストとして、シングル「keep yourself alive」で歌手デビュー。オリコン・シングルチャート最高8位を記録した。翌10月には、2枚目のシングル「I BELIEVE」を発売し、オリコン最高4位を記録。同曲で年末の新人賞を総なめにした。
1996年、3月に3枚目のシングル「I'm proud」を発売。同3月25日付で「I BELIEVE」がミリオンセラーを達成、新人としては異例の快挙となった。「I'm proud」も続いてミリオンセラーを記録、同曲で年間シングルチャート女性ソロアーティスト最高位の8位、年間カラオケリクエスト首位を獲得するなど、一躍トップアーティストの仲間入りを果たす。6月にはファーストアルバム『LOVE BRACE』を発売し、初のオリコン首位を獲得とともに、ファーストアルバムの歴代最高初動売上を記録した(後に宇多田ヒカル、倉木麻衣が更新)。同作は最終的に出荷ベース300万枚を突破するダブルミリオンを記録した。同月、新高輪プリンスホテルで“華原朋美ヒット記念パーティー”を開催。小室やdosらがお祝いに駆けつけ、業界・報道関係者1,000人が出席した。10月には5枚目のシングル「save your dream」を発売し、シングルでは初の首位を獲得。大晦日には『第47回NHK紅白歌合戦』に初出場し、小室のピアノ演奏による特別アレンジで「I'm proud」を歌唱した。
1997年4月、化粧品のイメージキャラクターに初起用され、カネボウ化粧品「ブロンズラヴ」のCMソング「Hate tell a lie」を発売。3週連続首位を獲得し、シングル3作目のミリオンセラーを記録した。6月からはフジテレビ『TK MUSIC CLAMP』3代目のパーソナリティを担当。7月には「LOVE IS ALL MUSIC」、10月には小室との共作詞による「たのしく たのしく やさしくね」、12月には2枚目のアルバム『storytelling』を発売(ミリオンセラー)と、この年発売したCDはいずれも首位を獲得した。同月、香港で開催された「TK GROOVE MUSEUM」に出演し、globe「DEPARTURES」のカバーを披露。2年連続出場した『第48回NHK紅白歌合戦』では第2部トップバッターで登場し、小室がギターで飛び入り参加して「Hate tell a lie」を歌唱した。
1998年2月、自身出演のJT「桃の天然水」のCMオンエアがスタートする。6月にはレコード会社をワーナーミュージック・ジャパンに移籍し、11枚目のシングル「tumblin' dice」を発売。7月にはフジテレビ月9ドラマ『ボーイハント』でドラマ初出演。同月、初のドラマ主題歌となった「here we are」を発売。11月には3枚目のアルバム『nine cubes』を発売したが、12月に小室と破局を迎える。破局後、3年連続出場した『第49回NHK紅白歌合戦』では、小室プロデュース最後のシングル曲「daily news」を歌唱した(小室のバック演奏はなし)。
当時は、雑誌『JUNON』で“なりたい顔1位”にも選ばれるなど、同性から支持された。安室奈美恵の“アムラー”に対して、華原は“カハラー”と呼ばれ、“平成のシンデレラ”などとも呼称された。ハローキティ再流行のきっかけ(当時、サンリオ社長も華原朋美効果を認めた)や、牛丼の「つゆだく」、“ヒューヒュー”でお馴染みの「桃の天然水」が年間1,600万ケースを売り上げる商品となるなど、ブームリーダーにもなった。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー