野狐禅

ジャンル:
野狐禅 プロフィール画像

野狐禅のバイオグラフィー

竹原ピストル
ボーカル、アコースティックギター

濱埜宏哉 (はまのひろちか)
鍵盤、コーラス

「野狐禅」とは、「悟ってもいないのに、あたかも悟りきったかのような、ものの言い方をすること」という意味で、広辞苑にも載っている言葉です。

漠然と音楽で暮らしてゆくことを考えていた二人は、北海道のとある大学に在学中に知り合いました。
何かをしたい、しかし何もできない。そんなことを思いながら、ダラダラとあまりにも長い時間を無駄に過ごしてきた二人は、そんな自分たちを「これでは死んでいるのと同じだ」とするにまで至りました。
しかしそれは、「生きる」ということを、自分の情熱の矛先を見極め、それに向かって突っ走ることだと定義づけることになります。

「生きてもないのに、死んでたまるか」。
そんな想いから、1999年9月21日、二人は野狐禅を結成しました。

公式ホームページより引用

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー