阿部芙蓉美

ジャンル:
阿部芙蓉美 プロフィール画像

阿部芙蓉美のバイオグラフィー

阿部芙蓉美(あべ ふゆみ、1983年2月 - )は、日本のシンガーソングライター・歌手。北海道稚内市出身。身長170cm。

2001年、専門学校へ入学するため上京。
2003年、作曲家として活動する谷本新と学校の講義で出会い、デモテープの制作を開始する。
2004年8月、東京都内のライブハウスやストリートで活動するようになる。
2005年4月、新宿駅西口へストリートライブの場所を移し、アコースティックギター弾き語りの演奏スタイルを始める。当時自主制作で販売していた6曲入CDは11月末までに1,000枚手売りで完売する。
2007年3月、ミニアルバム『ミニアルバム』でCDデビュー。6月、シングル「群青」でFOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENTよりメジャーデビュー。
2008年、初のフルアルバム『ブルーズ』を発表。

・音楽性
幼い頃から身近に流れている音楽に触れたのが音楽に興味を持ったきっかけ。他にサラ・マクラクランやコールドプレイなどを好きなアーティストとして挙げている。
ウィスパーボイスの歌声が特徴。もともと声量が小さく腹式発声が苦手なため、谷本のアドバイスによって現在の歌い方を確立させた。楽曲は、全ての曲において自ら作詞を行っている。シンガーソングライターとして作曲も行っているが、谷本と共同での作曲もしくは谷本からの楽曲提供の場合が多い。また、2008年にはCMソングとして「moon river」で初めてカバー曲を発表した。「群青」や「trip -うちへかえろ-」など、楽曲によってはPVにおいて自らアコースティックギターを弾きながら歌うこともある。

音楽性は広告業界をはじめとした著名人から評価が高い。映像作家の牧鉄馬は『黄桜』のCMソングのスキャットに阿部を起用して以降は自らがPVの監督を手掛けており、また広告クリエイター集団である「風とバラッド」に在籍するコピーライターの箭内道彦やシングル「青春と路地」の制作にも携わった中村聖子らにも評価を得ている。広告業界以外にも、作家の石田衣良は阿部の歌声を「多くの人の心を結ぶ、細いけれど強くしなやかな懸け橋のよう」とコメントしており、アルバム『ブルーズ』発売時には女優の永作博美も「美しいアルバム」[5]とコメントを寄せている。