高野寛

ジャンル:ポップ
高野寛 プロフィール画像

高野寛のiTunes Store人気曲

高野寛のバイオグラフィー

高野 寛(たかの ひろし、1964年12月14日 -)は、ミュージシャン・音楽プロデューサー。静岡県三島市出身。血液型はB型。身長169cm静岡県立浜松西高等学校、大阪芸術大学芸術学部芸術計画学科卒業。代表曲に「虹の都へ」「ベステン ダンク」などがある。 影響を受けた主なアーティストに、トッド・ラングレン、ビートルズ、YMO、忌野清志郎等がある。

1986年に高橋幸宏、鈴木慶一主催の「究極のバンド」オーディションに出場、実力で他を圧倒、見事合格(この時同オーディションを受けていたミュージシャンに、青山陽一を擁するGRANDFATHERSや、後に『Bomb A Head!』などをヒットさせたことで知られるm.c.A・Tらがいた)。オーディションの本来の目的であったバンド結成は結局立ち消えになったものの、これをきっかけにビートニクスのツアーにギタリストとして参加することになる(ちなみにこのツアーメンバーには、後にソロデビューする鈴木祥子がいた。その後、1988年に高橋幸宏プロデュースのシングル「See You Again」でデビューする。

1990年発表のトッド・ラングレンプロデュースによるシングル「虹の都へ」がオリコン2位を記録、歌のトップテンにもランクインし、続くシングル「Besten Dank」(同じくトッド・ラングレンプロデュース作品)もヒットし、コアな音楽ファン以外にも広く知られる存在となる。

1995年4月から1年間、NHKのトーク番組『土曜ソリトン SIDE-B』の司会を緒川たまきとともに務めた。また、同年、TBS系列のテレビドラマ『揺れる想い』(南野陽子主演)に青年実業家で大学生の神野光雄役でレギュラー出演するなど、ミュージシャン以外の活動も行う。

ソロでの活動の他、1992年の田島貴男をはじめとして他のミュージシャンとのコラボレーションも多い。 ギタリストとしては、1994年に坂本龍一のワールドツアーや、2003年に宮沢和史のヨーロッパツアー、2004年の南米ツアーに参加し、その他にもテイ・トウワ、中村一義、Chara、YUKI、スキマスイッチ、BONNIE PINK、クラムボン等のアルバムでギターをプレイしている。

2001年には、Nathalie Wise(BIKKE、斉藤哲也)にギタリスト/ヴォーカリストとして加入。2005年、原田郁子、tatsu、坂田学らと共に、メンバー全員の血液型がB型という異色バンド、4Bを結成。同年9月4日、狭山・稲荷山公園で行われた『HYDE PARK MUSIC FESTIVAL』でのライブが起点となり、氏自身が敬愛する細野晴臣のプロジェクトバンド、東京シャイネスにギタリスト・コーラスとして参加。2006年からは宮沢和史ソロツアーのメンバーにより結成されたバンド、GANGA ZUMBA(ガンガ・ズンバ)のギタリストとして、2007年には、高橋幸宏の呼びかけによりpupaのメンバーとしても活動している。

他のアーティストへの詞や曲の提供、アレンジや音楽プロデューサーとしても活躍。鄭有傑(チェン・ヨウチェー)監督の短編映画『シーディンの夏』の音楽監督を務めたこともある。音楽プロデューサーとしての代表作に、小泉今日子「厚木I.C.」、SUPER BUTTER DOGの『サヨナラ COLOR』等がある。

ソロでの活動として高野寛名義以外に、2006年から、HAAS名義(自身が敬愛する写真家Ernst Haasの名に由来)での活動もスタートしている。

2007年5月19日、YMOの3人がHAS名義で行ったパシフィコ横浜国立大ホールでのライブで、サポートメンバーとして参加。

2008年、ソロデビュー20周年を機にユニバーサルミュージック / MILESTONE CROWDSレーベルに移籍、シングル「LOV」を発表した。8月10日、夢の島公園陸上競技場で開催された「WORLD HAPPINESS 2008」にpupa、GANGA ZUMBAのメンバーとして、またHASYMOのサポートメンバーとして、それぞれ参加した。

2009年でソロデビュー20周年を迎えた。8月9日夢の島公園陸上競技場で開催された「WORLD HAPPINESS 2009」にソロとして登場。またpupaのメンバーとしても参加した。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー