髭 (HiGE)

ジャンル:
髭 (HiGE) プロフィール画像

髭 (HiGE)のバイオグラフィー

髭(HiGE)(ひげ)は日本のロックバンドである。単に「髭」とだけ表記されることもある。ツインギター&ツインドラム&ベースという独特のメンバー構成。似ているアーティストを挙げるならオーストラリア出身のザ・ヴァインズだと本人達は語る。

メンバー
須藤寿(すとう ひさし 本名:須藤寿史)ボーカル・ギター
茨城県水戸市出身。 :マイクには花(造花、たまに生花)が飾られている。楽曲のほとんどの作詞、作曲を手がける。中学時代は野球部に所属していた。
宮川トモユキ(みやかわ- 本名:宮川智之)ベース
茨城県水戸市出身。:通称、自称「宮っTea」。「宮っティ」と表記されるのを嫌う。ライブでのポジションはセンター。曲によってピック弾きと指弾きを使い分ける。かなり独特な文章力の持ち主で、その片鱗は公式HPのメールマガジンなどで窺い知れる。ミヤガワと呼ばれることを嫌う。
斉藤祐樹(さいとう ゆうき)通称UK ギター・ピアノ
千葉県野田市出身。:ライブでのポジションは右手側。ポケットティッシュを常備している為「ちり紙王子」と呼ばれる。
佐藤"コテイスイ"康一(さとう-こういち)パーカッション
茨城県以外の関東出身だと思われる。:ライブでのポジションは左手奥。髭にはサポートメンバーとして参加し始め、07年9月ごろ、公式HPなどからの発表も特になくひっそりと正式メンバーに加入。「ギルティーは罪な奴」「溺れる猿が藁をもつかむ」等、一部の曲では拡声器を持って前に出てくるなど、他メンバーと比べてアクションが目立つ。
川崎"フィリポ"裕利(かわさき-ひろとし)ドラムス
茨城県水戸市出身。:ライブでのポジションは右手奥。おさげ髪にできるほどの長髪を振り乱しながらのドラミングはパワフル。その昔は頭に花冠をかぶっていた。

概要
斉藤、宮川が大学の音楽サークルで前身となるバンドを組む。その後ヴォーカル、ドラムが脱退したため、宮川が幼馴染みである須藤をヴォーカルに誘う。さらに須藤の知り合いであった川崎がドラムとして加入し、四人で下北沢、渋谷界隈でライヴ活動を行う。

03年7月、3rd Stone Recordsよりミニアルバム「LOVE LOVE LOVE」でインディーズデビュー。そのころから佐藤がライブに参加するようになり、以後、現在のツインドラムの構成となる。

05年5月、ビクターエンタテインメントSPEEDSTAR RECORDSよりアルバム「Thank you, Beatles」でメジャーデビュー。音楽雑誌などのメディアからは「60年代のロックの王道サウンドに90年代のグランジ要素が絡み合った唯一無比で絶妙な音楽」と絶賛される。

「髭」というバンド名は2000年ごろ、後から加入してきた須藤が前身のバンド名(横文字)が気に入らず、現在の「髭」に変更した。「髭」にした理由は、「漢字の形が格好いいから」などの発言があるが真偽はさだかではない。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー