鬼束ちひろ

ジャンル:
鬼束ちひろ プロフィール画像

鬼束ちひろのバイオグラフィー

鬼束 ちひろ(おにつか ちひろ、1980年10月30日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。本名同じ。宮崎県南那珂郡南郷町出身。宮崎県立日南高等学校卒業。身長152cm。血液型O型。所属レコードレーベルは東芝EMI Virgin TOKYO・UNIVERSAL SIGMA・A&M RECORDS・FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT、所属事務所はNAPOLEON RECORDS・烏龍舎(共同マネジメント)。

音楽性

楽曲制作の手法として大まかに、曲を先に制作してからそこへ詞を付ける作曲先行(所謂曲先)と、詞を先に書いてから曲を乗せる作詞先行(所謂詞先)の2通りがあるが、鬼束の場合は必ず詞先で曲作りを行う。これは鬼束が楽曲において歌詞を最重要視しているためであり、もし歌詞と曲がマッチしていない時でも、「詞の世界を壊したくない」「直感を大事にしたい」との理由で歌詞を変更する事は一切無く、曲のほうを無理矢理詞に合わせたり、曲のフレーズに詰め込む等の手法を用いる。曲作りは大抵夜中自宅の部屋の中で行い、思いついた歌詞を書き上げ(本人は「(歌詞が)降りてくる」と表現・説明することもあるが、神がかり的に受け取られることを嫌ってその表現を避けることもあった)、それに曲をつけるという方式が主である。常にその場で曲を作り上げるというが、例外として「everyhome」は曲を作り上げるまでに3日間を要したという。歌詞の書き方は「everyhome」の制作を皮切りに変化が生じている。活動休止前の制作スタイルとしては感情をぶちまけるように曲を制作するというのが主であったが、最近では「自分が他の歌手だったらこういう書き方をする」というように自分を客観的に見て曲を書いたり、映画の映像から見た印象をモチーフとして曲を制作する(「everyhome」は『フォレスト・ガンプ』、「Sweet Rosemary」は『ギルバート・グレイプ』、「bad trip」は『スパン』等)ようにもなってきており、また「長く歌っていける歌を作っていきたい」という心境の変化からも、直截的・普遍的な歌詞が書きたいと考えているようである。作品のリリースにおいて本人は「毎回これが遺作の気持ちで制作している」と語っている。

《シングル》
2000年 シャイン
2000年 月光
2000年 Cage
2001年 眩暈/edge
2001年 infection/LITTLE BEAT RIFLE
2002年 流星群
2003年 Sign
2003年 Beautiful Fighter
2003年 いい日旅立ち・西へ
2003年 私とワルツを
2004年 育つ雑草
2007年 everyhome
2007年 僕等 バラ色の日々
2008年 蛍
2009年 X/ラストメロディー
2009年 帰り路をなくして
2009年 陽炎
2011年 青い鳥

《アルバム》
2001年 インソムニア
2002年 This Armor
2002年 Sugar High
2007年 LAS VEGAS
2009年 DOROTHY
2011年 剣と楓