黒夢

ジャンル:オルタナティブ
黒夢 プロフィール画像

黒夢のiTunes Store人気曲

黒夢のバイオグラフィー

黒夢(くろゆめ)は、
名古屋出身のヴィジュアル系ロックバンド。

「黒夢」とは「夢が無い」「夢は叶わない」という意味である。

1994年2月に、
『for dear』でメジャーデビューし、1999年1月29日から無期限活動停止。

その10年目となる2009年1月29日に一夜限定で活動復活、同日に解散した。

1995年3月、日本ゴールドディスク大賞ベスト5ニューアーチスト賞受賞。

1995年に発表したサード・アルバム「feminism」はオリコン・チャート初登場1位を記録。

また、同年10月にリリースされた5枚目のシングル
「BEAMS」がCMタイアップ曲としてオン・エアされ、 清春自身も出演。

その後も『FAKE STAR〜I'M JUST A JAPANESE FAKE ROCKER〜』や『Drug TReatment』、『CORKSCREW』といったアルバムが好セールスを記録するとともに、
年間100本以上のツアーをこなしていた。

結成当時、当時の邦楽ロック界では声を掠れさせて力強く歌う
(初期のXやLUNA SEAのような)歌い方が主流であったが、
ビブラートを効かせた繊細な声にファルセットやシャウトを効果的に取り入れる歌い方で人気を集め、
後のヴィジュアル系バンドの歌い方の主流を創った。

しかし、自身は後発組のバンドにスタイルを真似される事を嫌い、
途中からヴィジュアル系の路線から大きく方向転換をする。

アルバムをリリースする度に前作とは全く異なる曲調、
構成をとり、常に変革していったバンドだと言える。

一度は清春曰く『商業主義のポップス路線』に進んだこともあり、
後の歌で昔の自分を貶したりもした(後に雑誌上で、『垂れ流しのポップスは僕の敵』とさえ語っている)。
またアルバム『FAKE STAR』以後によく見られた社会やレコード業界、
ミュージシャンを痛烈に風刺した歌詞も人気だった。
また、所属レコード会社・東芝EMIに対しても、『カマキリ』で強烈に皮肉っている。

オフィシャルファンクラブ名は「under」。
インディーズ~メジャーデビュー初期のバンドイメージに沿った名称であり、
インディーズ時代の人気楽曲の名でもあった。

しかし、その曲を作曲したメンバーが脱退し、
バンドも路線変更をしてストリート色が濃くなるにつれ
「ファンクラブ名を変えたくなってきた」とメンバー自身が名前について
やや否定的な意見を示すようになってしまった。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー