黒色すみれ

ジャンル:
黒色すみれ プロフィール画像

黒色すみれのバイオグラフィー

黒色すみれ(こくしょくすみれ、Kokusyoku Sumire)は、ゆかとさちの女性2人から成る日本の歌手デュオである。トゥインクル・コーポレーション所属。

2004年、渋谷「青い部屋」でのイベント(通称:ロリパブ)で行った余興をきっかけに結成された。 たまたま観に来た音楽プロデューサー上野義美がスカウト、友人のホッピー神山にサウンドプロデュースを依頼しCDぜんまい少女箱人形はゴスロリのバイブルになる(2004年9月22日発売)で、デビュー。 クラシックやシャンソン、日本歌曲や大正ロマンを基調とした音楽、独自の世界観を持つ「ロリータ・クラシック・ユニット」。 2007年、2009年にはフランスで、2008年にはアメリカでライブツアーを行った。 2009年のライブにおいてはLe Monde(ルモンド)や地元新聞Le Berry、BENABERなど各メディアにも取り上げられている。 『軌道の鉱夫と双子の星』において、元P-MODELのことぶき光がアルバムとライブのサポートをしている。 新宿ゴールデン街にて『すみれの天窓』という喫茶店を経営している。 ティム・バートンは黒色すみれのファンであり、しばしば来日時にすみれの天窓に来店している。この縁により、店内の壁にはティム・バートンのサインが描かれている。

メンバー

ゆか(佐藤由佳)
7月23日生
ボーカル・アコーディオン・ピアノ担当
フェリス女学院大学音楽学部出身
刹那スピカのメンバーとしても活動。

さち
4月27日生
バイオリン担当
国立音楽大学出身
Caccinica、青い月と赤い薔薇のメンバーとしても活動。
ロリータ雑誌で読者モデルも務める。
2人とも「永遠の14歳」を自称している。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー