54-71

ジャンル:
54-71 プロフィール画像

54-71のバイオグラフィー

54-71(ごじゅうよんのななじゅういち)は、日本のバンド。1995年結成。名前に特に意味はないらしい。ヒップホップ・ロック・オルタナ・ジャズなど様々なジャンルの音楽を好み、それらをあわせ持った独特の雰囲気を持っている。本人たち曰く、「ジャンルはスカ・コア(スカスカなハードコア)」とのこと。歌詞のほとんどが英詞である。

1995年に慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスに在学していたベースの川口賢太郎、ヴォーカルの佐藤慎吾らを中心に結成され、その後ギターの高田憲明とドラムの堀川裕之が加入。

1997年にリリースしたファーストアルバム『54-71』はすぐに絶版(これは堀川氏加入以前で、川口はドラム、ベースは別のメンバー)。ライヴ活動を通じて人気が高まった後、2000年に2枚目となる新録アルバム『54-71』と3枚目のアルバム『Untitled』が立て続けにリリースされた。当時ナンバーガール(現ZAZEN BOYS)の向井秀徳に「今もっとも対バンしたいアーティスト」と評された。

2002年にBMGファンハウスよりメジャーデビューアルバムとなる『enClorox』をリリース。

2004年にベストアルバム『ALL SONGS COMPOSED&PERFORMED BY 54-71』をリリース後、ギターの高田憲明が脱退。しばらく佐藤をキーボード&ヴォーカルとして3人編成のインストバンドとして活動する。

2007年に高田拓哉がギターリストとして加入。シカゴにてスティーヴ・アルビニのもとで新作『I'm not fine,thank you.And you?』をレコーディング。自身を中心とするレーベル「contrarede」を設立し、2008年に本作がリリースされた。