ADVANTAGE LUCY

ジャンル:
ADVANTAGE LUCY プロフィール画像

ADVANTAGE LUCYのバイオグラフィー

advantage Lucy(アドバンテージ・ルーシー)は、日本のバンド。ネオアコ・ギターポップと呼ばれるようなギター中心のサウンドに、透明感のあるアイコのボーカルを活かした楽曲が特徴。結成当時のバンド名はLucy Van Peltであった。 メンバー アイコ ボーカル担当。 石坂義晴 ギター担当。 旧メンバー 番場要 ドラムス担当。2005年脱退。 福村貴行 ギター担当。1999年脱退。2003年他界。 坂本和子 ベース担当。1997年脱退。 来歴 * 1995年、福村が雑誌にメンバー募集を出してLucy Van Peltを結成。バンド名は漫画『PEANUTS』の登場人物名から取った。 * 1997年、1枚目のアルバム『in Harmony』をGOD'S POP recordsより発売。直後に坂本が脱退。 * 1998年、シングル「シトラス e.p.」で東芝EMIよりメジャーデビュー。同時にバンド名を(原作者から物言いが付いた事もあって)現在の「advantage Lucy」に変更。 * 1999年、福村が脱退。 * 2001年、自身のレーベルsolaris recordsを設立し、『oolt cloud』をリリース。 * 2005年、番場が脱退。 エピソード * 石坂と番場は以前にも同じバンドで活動していたことがあったが、結成当時に石坂は音楽を離れており、電気関係の会社員として働いていた。 * アイコはこのバンド以前に音楽活動の経験がなくメンバーとして受け入れられるか不安だったため、初回の練習時のスタジオ料金を支払う際に「このバンドに入れてくれるのなら(自分の分を)払います」と言った。 メンバーの音楽活動 * 石坂と番場はLittlestoneのメンバーとして1997年にアルバム『Jasmine』を発表している。 * 番場と坂本は初期のluminous orangeに在籍し、アルバム『Vivid Short Trip』『Waiting For The Summer』に参加している。 * 福村は脱退後、Vasallo Crab 75を結成し、アルバム『BREATHE』『flip turn』を発表した。 * 初期において、ギターを持ったアイコを中心とする編成の活動をmaples(メイプルス)という名義で行っていた。 * 番場はかつてnails of hawaiianにも在籍していた。