As I Lay Dying

ジャンル:
As I Lay Dying プロフィール画像

As I Lay Dyingのバイオグラフィー

アズ・アイ・レイ・ダイング(As I Lay Dying)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州のメタルコアバンドである。バンドの略称はAILD。また、日本国内ではアズアイとも呼ばれる。

8=Dに当時Society's Finestのギターを担当していたティム・ランベシスがバンドを脱退し、ギタリストのエヴァン・ホワイトと、ドラマーのジョーダン・マンチーノの2人を誘い、3人で結成されたのがこのバンドの始まりである。なおバンド名の由来はウィリアム・フォークナーの小説『死の床に横たわりて』(As I Lay Dying)が元となっている。
メンバーはいずれもクリスチャンであり、ヴォーカルのティムは「歌詞の内容にはクリスチャンとしての自分の物の見方が反映されている」と語っている。


2001年6月にPluto Recordsから1stアルバム『Beneath the Encasing of Ashes』リリースし、2002年8月には同じくPluto RecordsからAmerican Tragedyとのスプリット盤をリリースする。その後バンドは新たなメンバーを迎え入れ5人編成になりツアーを重ねていく。

そんな中2003年3月にオファーがあったMetal Blade Recordsと契約、7月にはティムのプロデュースによる2ndアルバム『Frail Words Collapse』をリリースする。バンドの新たな方向性を示したこのアルバムはアンダーグラウンドではさらに根強い人気を獲得する。

メンバーの入れ替えを経て、2005年1月には新たなアルバムのレコーディングに取りかかり、6月には3rdアルバムとなる『Shadows Are Security』をリリース、このアルバムはBillboard 200にて35位を記録する。このアルバムによりバンドの勢いはさらに加速し、同年のオズフェストでは2ndステージのヘッドライナーを務めるなど活躍の場を大きく広げていく。

そして2007年8月には、最新作となる4thアルバム『An Ocean Between Us』をリリース。このアルバムはBillboard 200において前アルバムを上回る初登場8位を記録し、さらに収録曲の「Nothing left」はグラミー賞のベスト・メタル・パフォーマンスにノミネートするなど アルバム発売ごとに勢いが増している。

日本でも2006年に続き、2007年にもメタル・フェスティバルLOUD PARKに2年連続で出演し、本国アメリカで培った激しいライブパフォーマンスを披露するなど人気、知名度共に上昇中である。

2010年5月に発売された5thアルバム「The Powerless Rise」も、ビルボードにおいて初登場10位を記録。ドイツでは22位、カナダでも11位と健闘し、衰えない人気をアピールした。

2012年9月には6thアルバム「Awakened」を発売。ビルボードの11位に送り込み、メタルミュージックが集めた支持が一過性のものではないということを改めて見せつけた。

メンバー

現在のメンバー

* ティム・ランベシス‐Vocals (2001−現在)
AILDを結成するまではギタリストだった。
バンドを結成するに当たってボーカルを探したが、なかなか気に入るボーカルが見つからなかった為に自身が担当する事にした。
ソロプロジェクトのAustrian Death Machineでも活動中。
このプロジェクトではボーカル、ギター(ギター・ソロを省く)、ベース、ドラムを全てティム自身が演奏している。
アーノルド・シュワルツェネッガーを敬愛している。

* ジョーダン・マンチーノ‐Drums (2001−現在)
プレイもさることながら、激しいアクション・ヘッドバンギングが特徴。


* フィル・スグロッソ‐Lead Guitar(2003−現在)
EMGピックアップを搭載しているワッシュバーン製の自身のモデルのVシェイプのギターを主に使用。

* ニック・ヒパ‐Lead Guitar(2004‐現在)
EMGピックアップを搭載しているアイバニーズ製のギターを主に使用。

* ジョシュ・ギルバート‐Bass、Vocals(2007−現在)
フェンダー製のジャズベースを主に使用。他にはアイバニーズ製のEDB550ベース、ギブソン・サンダーバードベースを使用している。ピック弾きで演奏している。

元メンバー
* Noah Chase - Bass (2001-2002)
* Caylen De Nuccio- Bass (2002) (now in Chapter 14)
* Brandon Hays- Bass (2002-2003)
* Aaron Kennedy - Bass (2003)
* Clint Norris - Bass, Vocals (2003-2006)
恋人との結婚が理由で脱退。
脱退後もバンドと連絡を取り合っている。
ベースは主にアイバニーズ製のSRXベース、ATKベースを元にした自身のモデルを使用。Clintが自身のモデルを製作する際、キルスウィッチ・エンゲイジのマイク・ダントニオ(b)に頼んで彼のシグネチャーモデルのベースを貸してもらい、ヒントを得た。
* Evan White - Lead Guitar (2001-2002, 2003)
* Tommy Garcia- Lead Guitar (2002-2003)
* Chad Ackerman- Rhythm Guitar (2002) (now in Chapter 14 and Destroy The Runner)
* Johnny Upton- Rhythm Guitar (2002-2003)
* Jasun Krebs - Rhythm Guitar (2003)
* Chris Lindstrom- Rhythm Guitar (2003-2004)

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

ディスコグラフィー