Ash

ジャンル:ロック
Ash プロフィール画像

AshのiTunes Store人気曲

Ashのバイオグラフィー

アッシュ(Ash)は、イギリス、北アイルランドのダウンパトリック(Downpatrick)出身のロックバンドである。1990年代前半のブリットポップ期にデビューしたバンドのなかで、今日まで活動を続けている数少ない存在である。 ストレートなギターサウンドと、みずみずしい青春を歌ったポップでキャッチーな曲調が特徴。 メンバーはまだ30代になったばかりという若さながら、バンドとしてのキャリアは15年を超えている。

1992年、15歳のティムとマークは、通っていた学校の2年年上で、当時から音楽狂の変人として周囲からみられていたというリックを誘い3人でアッシュを結成。バンド名は、辞書の中から自分たちが気に入った最初の単語から名づけられた。当初は地元でのライブ活動しか行っていなかったが、ほどなくして英国内に吹き出したブリットポップブームの風に乗り、エラスティカの前座に抜擢されてツアーをこなすようになった。しかしこのころのメンバーはまだ高校生活と並行して活動をおこなっていたため、直後のグリーン・デイからの前座依頼を、「試験があるから」との理由で断っている。この時期、ミニ・アルバム『トレイラー』をリリースし本格的にデビューする。

シングル『カンフー』がスマッシュ・ヒットした1995年から彼らは「恐るべき子供たち」として脚光を浴びるようになる。

ブリットポップブームの絶頂期にあった1996年、メジャー・デビュー作となるファースト・アルバム『1977』をリリース。初期の名曲『ガール・フロム・マーズ』に代表される若々しく躍動感に満ちたこのアルバムは全英チャ-トで1位に輝き、瞬く間にプラチナム・セールスを記録。10代のバンドとして破格の成功を収めることとなった。
そしてブリットポップブームの絶頂期にあった1996年、メジャー・デビュー作となるファースト・アルバム『1977』をリリース。初期の名曲『ガール・フロム・マーズ』に代表される若々しく躍動感に満ちたこのアルバムは全英チャ-トで1位に輝き、瞬く間にプラチナム・セールスを記録。10代のバンドとして破格の成功を収めることとなった。

2007年6月、3人体制へ戻ってから最初の作品となる5作目『トワイライト・オブ・ジ・イノセンツ』を発表。彼らの「深化」を象徴するようにストリングスを大きく導入し、サイケデリックな要素を持ち込むなどの実験性をみせつつも、先行シングルの「ユー・キャント・ハヴ・イット・オール」は、メンバーが最高傑作と口をそろえるライブ・アンセムとなるなど、聴きやすさを追求したポップな楽曲が揃った。このアルバムは、snoozer誌編集長の田中宗一郎から、「キャリア15年目の最高傑作」と絶賛されたが、英プレスからの評価はそれに比べるとやや辛辣で、商業的にも全英32位と前作までに比べて大きく順位を落とす結果となった。

メンバー
ティム・ウィーラー(Tim Wheeler,1977年1月4日 -):ボーカル、ギター。
マーク・ハミルトン(Mark Hamilton,1977年3月21日 -):ベースギター。
リック・マックマーレイ(Rick McMurray,1975年7月11日 -):ドラムス、パーカッション

元メンバー
シャーロット・ハザレイ(Charlotte Hatherley,1979年6月20日 -):ギター、キーボード、バッキングボーカル 2006年脱退


歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー