Brahman

ジャンル:
Brahman プロフィール画像

Brahmanのバイオグラフィー

・メンバー

* TOSHI-LOW (ボーカル)

本名:宮田俊郎
茨城県水戸市出身。1974年11月9日生まれ。B型。

* KOHKI (ギター)

本名:堀幸起
和歌山県出身。1975年7月13日生まれ。O型。

* MAKOTO (ベース)

本名:小沢誠
長野県松本市出身。1974年4月10日生まれ。O型。

* RONZI (ドラムス)

本名:小林諭史
長野県松本市出身。1974年7月4日生まれ。A型。
mark muffin のドラマーとしても活動中

・概要

 都内を中心に活動を行い、これまでに2枚のミニアルバム、3枚のシングル、4枚のアルバムを発表、国内外を問わず精力的にライブ活動を行っている。音楽性に関しては、ロック、パンク、ハードコアといったジャンル分けが困難であると評されることが多く、ハードコアや民族音楽を基盤とした独自の音楽性を確立している。

・来歴

* TOSHI-LOWとDAISUKEが当時所属していたバンド「killed by myself」と、RONZIとMAKOTOが属していたバンドがそれぞれ同時期に解散した後、音楽の方向性について意気投合したメンバーにより1995 年に東京で結成された。結成時のメンバーにMAKOTOは含まれておらず、TOSHI-LOWと同じ大学に在籍していた別のベース担当が属していた。なお、バンド名のBRAHMANはこのベース担当により名付けられた。東洋的なコンセプトのもと挙がったバンド名候補の一つに「ARTMAN」もあったが、京王アートマン(巨大雑貨店)の存在もあり「BRAHMAN」となった。ベース脱退後、RONZIと同郷であるMAKOTOが加入した。

* 1996年、ミニアルバム「Grope Our Way」でCDデビュー。その後ギター担当のDAISUKEが脱退。

* 1997年、ミニアルバム「Wait And Wait」発売。レコ発が完売となった。この時、TOSHI-LOWがギター&ボーカルをつとめていた。TOSHI-LOWがギターを持ち歌う姿は DVD/VIDEO「CRAVING」の一部楽曲において確認することができる。この後、ギターのKOHKIが加入し、現メンバーの4人となった。

* 1998年、アルバム「A MAN OF THE WORLD」発売。収録曲の1/3ほどは初期からの曲。

* 1999年、TOY'S FACTORYと契約を交わし、シングル「deep/arrival time」にてメジャーデビュー。オリコン初登場6位、累積売上20万枚以上。自分たちの手で売るのがきつくなり、いいものを作ることだけに集中したかったことがメジャー移行の理由の一つ。レコード発売に伴う大規模なツアーに加え、TIBETAN FREEDOM CONCERT、FUJI ROCK FESTIVAL '99に出演。

* 2000年、AiR JAM 2000に出演。ライブVIDEO「CRAVING」をリリース(のちにDVDでもリリース)。

* 2001年、2ndアルバム「A FORLORN HOPE」発売。オリコン初登場2位。累積売上50万枚以上。FUJI ROCK FESTIVAL '01に出演。アルバム発売に伴い、50公演以上に及ぶ大規模なツアーを行った。

* 2002年、前年に引き続き国内ツアーを継続。海外においてもイタリアおよび台湾においてツアーを行った。また、FUJI ROCK FESTIVAL '02に出演。

* 2003年4月、TOSHI-LOWが女優りょうと結婚。「-Hands and Feet-」と題された国内ツアーを敢行(同名のツアーは2006年、2007年にも行われる)。中国北京で開催された「MIDI 2003 Modern Music Festival」において、ライブ中に観衆から罵声を浴び、石や生卵、ペットボトルなどが投げ込まれメンバー全員が軽い擦り傷を負った事実が一部メディアにより報道された。これらの観衆の行為は、BRAHMANのパフォーマンスに対するものではなく、広東省での日本人による「集団買春」事件が明るみに出た直後の、反日機運の高まりによるものであったとされる。このときのライブ映像は一部、後述のライブDVD「THEORIA」に収録されており、観衆の投げた生卵がTOSHI-LOWに直撃する様子などが確認できる。

* 2004年、3rdアルバム「THE MIDDLE WAY」発売。オリコン初登場3位。リリースに伴い国内50公演以上のツアー「THE MIDDLE THOUGHT TOUR」を行った。

* 2005年、2ndシングル「CAUSATION」発売。オリコン初登場10位。6月頃、バイオリニスト・ギタリストとして活動していた MARTIN(ボーカル・ギター・バイオリン)とTOSHI-LOWがあるライブで出会った。「何か新しいことをしたい」とMARTINがTOSHI- LOWにもちかけ、BRAHMANのメンバー4人にさらにMARINの友人でスタジオミュージシャンのKAKUEI(パーカッション)を加えて6人編成のOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDを結成。オムニバスアルバム「The Basement Tacks-10YEARS SOUNDTRACK OF 7STARS」「ROCK THE ULTRAMAN」に参加した後、2006年にアルバム「OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND」を発表した。

* 2006年、ライブDVD「THEORIA」発売。DVD RANKING 初登場4位。

* 2007年、4月4日3rdシングル「Handan's pillow/逆光」を発売。シングルはDVDとの2枚組であり、「LIVE DVD-Tour energeia final@ZEPP TOKYO」が同梱されている。

* 2008年、2月6日4thアルバム「ANTINOMY」を発売。オリコン初登場4位。初回限定版として「By-End(1.ART MAN 2.RESULT OF NEXT)※再録」が特典としてつけられた。アルバム自体は、「THE MIDDLE WAY」発売後のシングルとして発売された「CAUSATION 「FIB'S IN THE HAND」「Handan's pillow」「逆光」も収録されているが、全て再録であり、「Handan's pillow」 「FIB'S IN THE HAND」はシングルとは全く別物となっている。初の試みとしてアイヌ語詞による楽曲「Kamuy-Pirma」を収録。アルバムリリースに伴い国内40公演以上のツアー「AUTONOMY」を行った。

・ディスコグラフィー

(1)シングル

1. deep/arrival time(1999年9月29日)

deep/arrival time

2. CAUSATION~因果律~(2005年7月27日)

CAUSATION/BEYOND THE MOUNTAIN/FIBS IN THE HANDS

3. Handan's pillow/逆光 (2007年4月4日)

Handan's pillow/逆光

(2)ミニアルバム

1. Grope Our Way(1996年)廃盤

ARTMAN/BEYOND THE MOUNTAIN/晴眼アルウチニ/THE RESULT OF THE NEXT/THE SAME

2. WAIT AND WAIT(1997年10月7日)

GREAT HELP/FLYING SAUCER/SWAY/ROOTS OF TREE/SWAY(tsucchi mix)

(3)アルバム

1. A MAN OF THE WORLD(1998年9月1日)

THAT'S ALL/THERE'S NO SHORTER WAY IN THIS LIFE/ANSWER FOR…/NEW SENTIMENT/TONGFARR/GOIN' DOWN/CHERRIES WERE MADE FOR EATING/NO LIGHT THEORY/HIGH COMPASSION/SEE OFF/時の鐘

2. A FORLORN HOPE(2001年6月27日)

FOR ONE'S LIFE/BASIS/SHADOW PLAY/LAST WAR/DEEP/Z/SLIDING WINDOW/BOX/MIS 16/PLASTIC SMILE/ARRIVAL TIME/BED SPACE REQUIEM

3. THE MIDDLE WAY(2004年9月29日)

THE VOID/LOSE ALL/A WHITE DEEP MORNING/DOUBLE-BLIND DOCUMENTS/BYWAY/FAR FROM.../CIRCLE BACK/(a piece of) BLUE MOON/FROM MY WINDOW/PLACEBO/TREES LINING A STREET/SHOW

4. ANTINOMY(2008年2月6日)

The Only Way/Speculation/Epigram/Stand Aloof/Silent Day/Oneness/Handan's Pillow/You Don't Live Here Anymore/Causation/Fibs In The Hand/逆光/Kamuy-Pirma

(4)DVD

1. Craving(VHS/DVD 2000年8月23日/2001年1月24日)

TONGFARR/SEE OFF/BEYOND THE MOUNTAIN/GOIN'DOWN/NEW SENTIMENT/TOKI NO KANE/DEEP/RESULT OF NEXT/CHERRIES WERE MADE FOR EATING/GREAT HELP/FLYING SAUCER/ARTMAN/THAT'S ALL/THERE'S NO SHOTER WAY IN THIS LIFE/NO LIGHT THEORY/ARRIVAL TIME/THE SAME/ANSWER FOR…/ROOTS OF TREE/ARRAIVAL TIME(MUSIC CLIP)/ANSWER FOR…(MUSIC CLIP)

2. THEORIA (2006年6月28日)

FOR ONE'S LIFE/TONGFARR/BASIS/THE VOID/A WHITE DEEP MORNING/GOIN'DOWN/SHADOW PLAY/CAUSATION/SEE OFF/DEEP/BED SPACE REQUIEM/LAST WAR/NEW SENTIMENT/SLIDING WINDOW/LOSE ALL/FRIM MY WINDOW/SHOW/BOX/BEYOND THE MOUNTAIN/CIRCKE BACK/DOUBLE-BLIND DOCUMENTS/SPECULATION/ARRIVAL TIME/ANSWER FOR…/FAR FROM.../PLACEBO/ARTMAN(BONUS TRACK)

3. THE THIRD ANTINOMY(2008年11月12日)

(5)その他

1. Rhymester「ウワサの伴奏-And The Band Played On-」(2003年1月8日)

5.Walk On session with TOSHI-LOW(BRAHMAN)

2. オムニバス「Team R Official Album ROUND,aROUND,gROUND」(2000年8月23日)

1.ROUND,AROUND,GROUND(COCOBAT,BRAHMAN,BACK DROP BOMB,R SOUND,RUMINA)
2.SEE OFF(BRAHMAN)

3. トリビュートアルバム「HUSKING BEE」(2007年3月21日)

6.SUN MYSELF

          ―Wikipediaより引用。