Basement Jaxx

ジャンル:エレクトロニック
Basement Jaxx プロフィール画像

Basement JaxxのiTunes Store人気曲

Basement Jaxxのバイオグラフィー

ベースメント・ジャックス(Basement Jaxx)は、イギリス出身のダンス・テクノ・ユニット。

1997年のメジャーデビューから次々とヒット作を発表し、今やクラブ・ミュージック界においてケミカル・ブラザーズやファットボーイ・スリムなどと肩を並べるトップスターにまで成長した。多くのミュージシャンのリミックスやプロデュースも手がけるなどスタジオワークの才も併せ持つ。

ゲストボーカルを招き、自らはターンテーブルを操作して演奏するDJスタイルは上記の2組と同じだが、フィリックス自身がボーカルをとってライブすることもあり、その点でプロディジーの演奏スタイルにも通じている。しかし近年はバンド・セットを用いての演奏をおこなっており、ますますそのスタイルを多様化している。

メンバー
フィリックス・バクストン - ミキサー、ターンテーブル、ボーカル
サイモン・ラトクリフ - ミキサー、ターンテーブル、ギター

来歴
1994年、フィリックスが催したパーティーでサイモンと出会い、2人は意気投合。ユニットを結成する。
1995年、自主制作でリリースした「サンバ・マジック」が全米・全英のクラブで話題を呼び、クラブ・ミュージック界期待の新人ユニットとして注目される。EP『フライ・ライフ』が、自主制作のリリースにもかかわらず全英TOP20入りのスマッシュ・ヒットを記録した1997年、この年にクラブ・ミュージック界から世界を席巻したプロディジー擁するXLレコーディングスと契約。
1999年に発表したデビュー・アルバム『レメディ』は全英チャート1位、アメリカのビルボード・ダンスチャート1位という快挙を達成。日本でも、シングル「レッド・アラート」がラジオ・チャートの1位を記録した。
2001年リリースのセカンド・アルバム『ルーティー』では、ヒットシングル「ホエアズ・ユア・ヘッド・アット」に代表されるように、ブラジルのカーニバルをテーマとしたようなファンクなお祭りサウンドを展開した。この作品で、軒並み高評価を得ると共にその人気を確固たるものとした。翌年に日本で初の単独ライブがZepp東京で行われ、チケットをソールドアウトさせる盛況を博す。
2003年、バンド・サウンドに大きく接近したサード・アルバム『キッシュ・キャッシュ』をリリース。日本のアニメ映画『アップルシード』のテーマソングにもなった大ヒットシングル「グッド・ラック」を生み、アルバムも全英トップ5入りの好成績を収めた。翌2004年、フジロック・フェスティバルのホワイトステージにトリで出演。入場規制が敷かれるほど観客を動員したこのステージで圧巻のパフォーマンスを披露。フジ史上に残る名ライブとの呼び声が高い。
2005年、全てのシングル・全てのビデオクリップが入ったベスト・アルバム『ザ・シングルス』をリリース。全英1位を獲得すると共に、欧州最大のフェスであるグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーを務める。さらにこの年のグラミー賞でベスト・エレクトロニカ・アルバムを受賞。名実共にトップ・アーティストとなる。
2006年にはロビー・ウィリアムズとのコラボツアーを敢行。4枚目となる「クレイジー・イッチ・レディオ」を9月にリリースし、単独の全英アリーナツアーを成功させるなど絶頂期を迎えている。

アルバム
「REMEDY」(レメディ) 1999.05.21
「ROOTY」(ルーティー) 2001.06.20
「Kish Kash」(キッシュ・キャッシュ) 2003.10.22
「THE SINGLES」(ザ・シングルス) 2005.04.13  (ベストアルバム)
「Crazy Itch Radio」(クレイジー・イッチ・レディオ) 2006.09


歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー