Battles

ジャンル:
Battles プロフィール画像

Battlesのバイオグラフィー

バトルス(Battles)は、アメリカ合衆国・ニューヨーク出身のエクスペリメンタルロック・バンドである。2002年結成。

Don Caballero、Storm and Stressを脱退(共に2000年解散)していたイアン・ウィリアムスをタイヨンダイ・ブラクストンが誘いレコーディングプロジェクトを始動。後にジョン・ステニアー、デイヴ・コノプカが加わり、青写真のない状態から一年以上かけバンドとしてのサウンドを固めていく。

2004年1月、THE MARS VOLTAの東京公演でのフロントアクト及びsome of us主催のイベント「PEAK WEEK FESTIVAL」に出演するため来日。同2004年、別々のレーベルからEPを3枚発売。

細かいフレーズに焦点が当てられ、複雑、緻密でありながら全体のダイナミクスを損なわない、ジャンルを超越したニュートラルかつ刺激的なサウンドが話題となる。

2005年12月、Warp Recordsと契約。
2006年2月、3枚のEP収録曲を集めた編集盤「Ep C/B Ep」を発売。

2007年4月2日にシングル「Atlas」、同年5月15日(日本先行4月25日)に1stフルアルバム「Mirrored」を発売。

2010年、タイヨンダイ・ブラクストン(Vo,Gt, Key)が脱退を表明。
2011年4月27日にアルバム「Gloss Drop」を発売。

メンバー
デイヴ・コノプカ (Dave Konopka)(Ba, Gt, Ef)
イアン・ウィリアムス (Ian Williams)(Gt, Key)
ジョン・ステニアー (John Stanier)(Dr)

(旧メンバー)
タイヨンダイ・ブラクストン (Tyondai Braxton) (Vo,Gt, Key)