Beck

ジャンル:オルタナティブ
Beck プロフィール画像

BeckのiTunes Store人気曲

Beckのバイオグラフィー

ベック・ハンセン(Beck Hansen、1970年7月8日 - )は、カリフォルニア州ロサンゼルス出身のアメリカの歌手。本名ベック・デヴィッド・キャンベル(Beck David Campbell)。


ベック・ハンセンの両親は共に芸術家であるが、両親は幼い時に離婚し、兄弟と共に母であるビブ・ハンセンの元に引き取られた。ロサンゼルスで都市の様々な音楽に触れながら、母の仕事である芸術を見て育った。このときの経験が彼の後の音楽性を決定することになる。1980年代半ばに高校を中退し、様々な場所を訪れた。ドイツでは母方の祖父で芸術家のアル・ハンセンの元を訪れ、1960年代に流行した芸術運動であるフルクサスに祖父の手引きで触れる。他にもニューヨークなどを訪れ、1980年代後半に流行したパンクの影響を受けたアンチフォーク音楽運動に関わった。

1980年代末にロサンゼルスに戻り、様々な低賃金の仕事を渡り歩き貧窮に苦しみながら、独自の音楽を追求していった。ベックはロサンゼルス中の音楽クラブに潜り込み、インディーズアーティストとして自らを売り込んだ。

1993年にボングロードカスタムレコードに見出され、12インチのビニルレコード盤『Loser』が、初版500枚で売り出された。オルタネティブミュージック専門のラジオ局で放送されて評判を呼び、様々なレーベルから契約を持ちかけられた。最終的にゲフィンレコードと契約し、契約内容は独自のアルバムを販売することも認められた自由度の高いものであった。

1994年にゲフィンレコードから『Mellow Gold』を出し、メジャーデビューを果たす。同年、『One Foot in the Grave』をKレコードから、『Stereopathetic Soul Manure』をフリップサイドレコードから発表している。

1995年にロラパルーザというロックフェスに出演したが、一部の音楽批評家からは未だに一発屋と考えられていた。コンサートの観客の大部分が初のヒットである『Loser』しか知らず、盛り上がりに欠けていたことも事実である。

2004年4月にメリッサ・リビシ(俳優のジョバンニ・リビシの双子の妹)と結婚。一児の父。妻メリッサとその兄ジョバンニとは若いときから友達であり、三人ともサイエントロジストである。雑誌のインタビューなどでは絶対にサイエントロジーに関しての質問には答えない。


ディスコグラフィー
年 タイトル レーベル
1988年 The Banjo Story
1993年 Golden Feelings ソニックエネミー
1994年 A Western Harvest Field by Moonlight フィンガーペイントレコード
1994年 Stereopathetic Soul Manure フリップサイド
1994年 Mellow Gold ゲフィンレコード/ボングロード
1994年 One Foot in the Grave Kレコード
1996年 Odelay DGC/ボングロード
1998年 Mutations DGC/ボングロード
1999年 Midnite Vultures DGC
2000年 Beautiful Way ゲフィンレコード
2002年 Sea Change DGC/インタースコープ
2005年 Guero ゲフィンレコード
2005年 Guerolito インタースコープ
2006年 The Information インタースコープ

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー