Bloc Party

ジャンル:オルタナティブ
Bloc Party プロフィール画像

Bloc PartyのiTunes Store人気曲

Bloc Partyのバイオグラフィー

ロンドンの学生アート・ロックシーン出身のロックバンド。ギター・ロックにパンク・テクノ・ダンスミュージックなどの要素を組み込み、性急で複雑なドラムラインに乗せた、知的で洗練された鋭角的なメロディーが特徴。しばしばポストパンク・リバイバルの一翼と紹介される。

バンドの名前には特に意味はないが、アメリカの地方行事Block Partyの語呂合わせで、語尾のkを取ることでEastern Bloc(Soviet Bloc)を思わせるということらしい。

<メンバー>

* ケリー・オケレケ (Kele Okereke、1981年10月13日 - ) - ヴォーカル、ギター担当。両親はナイジェリア出身。作詞・作曲を担当。いとこは人種差別主義者に殺害されており、その経験を元にした曲も作られている。

* ラッセル・リサック (Russell Lissack、1981年3月11日 - ) - ギター担当。特徴的なアシンメトリーカットの髪型をしており、Blocstyleと呼ばれている。ポケモン好き。

* ゴードン・モークス (Gordon Moakes、1976年6月22日 - ) - ベース、バックヴォーカル、鉄琴担当。(ドラムもこなす。) ブロック・パーティーに入るまでは雑誌編集者をしていた。

* マット・トン (Matt Tong、1979年4月29日 - ) - ドラム担当。中国系英国人である。

1998年、ケリーとラッセルがロックフェスで偶然知り合い、意気投合する。2年後、ふたりがNMEに出したメンバー募集の告知にゴードンが応募し加入。その後、知人を介してマットも加わり、2002年に現在のメンバー編成としてバンドを結成。

2003年、当時大型新人として頭角を現していたフランツ・フェルディナンドにデモテープを送り、前座に抜擢され、音楽活動を本格化する。そのころからイギリスの音楽誌上において注目を集める存在となり、2004年にメジャーデビュー。

日本では同年7月にデビュー・ミニ・アルバムを発売。8月にはサマーソニック04で初来日を果たした。

2005年初頭、ファーストアルバム『サイレントアラーム』を発表。同年の各国音楽各誌において軒並み高評価を得るとともに、ヨーロッパの実に9カ国でチャートの10位以内にランク・インするなど、人気・セールスともに大成功を収めた。 このころは90年代のブリットポップ期の再来といわれる2000年代のバンドブームの一例の存在として、周囲からは認識されていた。

2007年、社会性を強く打ち出し、前作から大きく変貌をとげた意欲作のセカンドアルバム『ア・ウィークエンド・イン・ザ・シティ』を発表。この作品によって、近年活況のUKロックシーンにおいて泡沫バンドで無い事を印象付けた。以降、U2やレディオヘッドといった社会派バンドとしての評価をうけるようになる。

2008年、三枚目となるアルバム『Intimacy:インティマシー』をリリースする。「個性的なギターロックバンド」から「エレクトロニカ・ロックバンド」へ大変身を遂げる。曲調・歌詞 (ほとんど書き直さなかったらしい) ともに本能的であるといわれる。
雑誌へのインタビューなどで、ボーカル:ケリー・オケレケは「リスナーに先入観を植え付けたくない」との理由で過去2作品に比べ多くは語らなかった。

2009年8月にニューシングル『One More Chance』をリリース。これもピアノを大胆に使った興味深い作品となる。
しかしその後メンバーの体調不良が原因でいくつかのライブを延期、キャンセル。来日が予定されていたものの、こちらも一度延期されたのち、キャンセルとなった。
メンバーそれぞれがソロ作に踏み出しており、バンドのオフィシャルがほとんど更新されず、バンドとしての活動は休止中の模様。また、バンドの今後についてギターを担当しているラッセルは、彼のサイド・プロジェクト『Pin Me Down』で受けたインタビューにて、「曲はツアー中に書いてある」と発言。しかしまだ具体的な話までは出来ないらしい。

歌詞(lyrics)検索


Uta-Netで歌詞を検索する事ができます。

アルバム(iTunes配信中)

ディスコグラフィー