Blonde Redhead

ジャンル:
Blonde Redhead プロフィール画像

Blonde Redheadのバイオグラフィー

ブロンド・レッドヘッド (Blonde Redhead) はアメリカ合衆国ニューヨークを拠点に活動するロックバンドで、 日本人女性カズ・マキノとイタリア生まれの双子のパーチェ兄弟(アメデオとシモーネ)からなる3人組である。 バンド名はニューヨークのノー・ウェーブバンド、DNAの同名の曲に由来する。

1993年結成。当初は4人組で活動。1995年にソニック・ユースのドラマー、スティーヴ・シェリーのレーベル、スメルズ・ライク・レコード (Smells Like Records) から2枚のアルバムを相次いでリリースする(シェリーはデビューアルバムのプロデュースも担当)。間もなく日本人ベーシストのマキ・タカハシが脱退し、代わって同じ日本人のトーコ・ヤスダが加入するが、彼女もまた程なくしてバンドを去り、以後3人組として活動を続けることとなる。

バンドは、シカゴの名門インディーレーベル、タッチ・アンド・ゴー・レコード (Touch and Go Records) に移籍し、1997年から2000年にかけて同レーベルから3枚のアルバムをリリース。2004年には4ADに移籍し、6thアルバム「ミザリー・イズ・ア・バタフライ」をリリース。4thアルバム「イン・アン・エクスプレッション・オブ・ジ・インエクスプレッシブル」から6thアルバムまではフガジのギー・ピチョットがプロデュースを担当した。バンドはインディーロックシーンにおいて着実にファンを増やしていき、2007年にリリースされた7thアルバム「23」は最初の週に11,000枚を売り上げてThe Billboard 200で初登場63位を記録している。また、同アルバムのタイトルトラックは日本で「クリスタル・ガイザー2008年キャンペーン・ソング」に起用された。